好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

プログラミング生活にPHPが急浮上

どうも、ぴがるです。( ˙-˙ )
おめでたいことに今の現場の次に参画する案件が開発の現場になりそうです。

f:id:pigarusan:20170910222640j:plain
(写真は大体記事内容と関係ありません。おいしい。)

自分の担当の営業さんに早くWeb系の開発案にアサインさせてくれと圧力をかけていたのですが。
全然見つかりませんでした。
行けるならデバッカーとかでも良かったのですが、そもそもインフラの案件に強い会社なので開発案件に強い営業さんもエンジニアも少ない感じ。


現実は実務経験のないrubyエンジニアを混ぜてくれる案件は全然ないそうです。


rubyの仕事は世の中にいっぱいあります。ロースキルの僕ではお話にならないということですね。


ところが、JavaPHPを使う現場であれば参画できそうだというお話をもらいました。

さすがweb系の案件数が豊富な言語ですな、( ˙-˙ )という感じ。


僕としては見やすくてシンプルなrubyを使った仕事がしたかったのですが。
現場に出られないのであればいくら勉強しても絵に書いた餅です。


複数の言語を学ぶメリットも聞いていましたし、この機会にruby以外の言語を知っておくのも悪くないのでいい転機かな、と思いました。


JavaPHPなら断然PHPがいい!◆

これは僕の好みの問題ですが、javaPHPのうちどっちを選ぶかとなったら断然PHPがいいです。

たぶん、僕が人に薦めるとしたらJavaだと思いますが、PHPのほうが簡単で小回りが利くと思ったからです。(イメージ)

理由としてはこんな感じ、

  1. Rubyと比肩するほど学習がしやすいイメージ

そもそも僕はRubyを学ぶ前に何の言語から学習するかと考えたときにPHPRubyで迷ったのです。
どちらも初心者向けというけど
PHPのほうが分かりやすい。というのも聞いていました。

結局ruby on railsという強力なフレームワークが使えるrubyを選んだのですが。

2. リモートワークに向いてそう
PHPは簡単がゆえにいいかげんな書き方でも取り敢えず動いてしまうという特徴があるのに対して、Javaはしっかりとした言語で、難しいぶんできることが幅広くこれを扱えたら重宝されます。
システムの基盤となる部分を作るのに使われてる印象がありますね。


しかし、
僕はプログラマとして働くことも目標ですが、一番の目的は田舎に帰ってからもIT知識で稼ぐというのがあります。

そこにいくとJavaは大人数で長い時間をかけて開発をする。

PHPは個人や小チームで作業をする。=リモートワークに向いてる

と思ったわけです。想像ですが…( ˙-˙ )



プログラミングをしっかり学びたいという方はJavaで間違いないと思います。
その後、何の言語にスキルチェンジするにしても大いに役立つでしょう。



僕は軽量言語でフットワークの軽いものがいいということでRubyPHPをやっていきます。。。( ˙-˙ )


取り敢えず、間違いなく現場に入れるように慎重にすすめていきますよ。。。