好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

「大丈夫だ」って言うことを仕事にしていこうと思う

誰にお金もらえるってわけでもないけど。

これからは「大丈夫だよ」って口に出すことを仕事にしていこうと思ってます笑

だって、大丈夫じゃなかったことを経験した記憶がないから。

 


f:id:pigarusan:20170813220551j:image

 

 

◆ヤバいことなんて何もない◆

僕はこれまで生きていて大丈夫じゃなかった経験をしたことが一度もありません。

「ヤバい」と心配したことはいっぱいあったけど。

 

勉強なんて全然できなかったけど、普通に進学して就職できたし。最初に就職した会社を三年も持たずにやめたけど、すぐ転職出来てお金に困らなかったし

 

親密だった友達と激しく喧嘩しても大丈夫だったし、昔好きだったこに振られて立ち直れないと思ったこともあったけど全然なんてことなかったし。

 

じいちゃん大好きだったから、数年前死んだときにほんと悲しくて、これから明るく生きていける自信なくなったけど、せいぜい一か月もすれば悲しむことにも飽きたし。

 

「人生死ぬこと以外かすり傷」って言葉があるけど、ほんとその通りだと思った。

むしろ、自分の意思で思いっきり生きたなら別に死んでも大丈夫だな、って今なら思う。

いや、死にたくはないけどw

 

 

ほんと、大丈夫じゃないことなんてないなー、ていうのが今まで生きてきた人生観の集大成。

 

もう、人のことを見てても「大変だなー」って思うことはあっても「終わってんなー」て思うことはないもんね。

「大変そうに見えるけどきっと大丈夫なんだろうなー」としか思わない。

 

清原だって大変なことになってるけど大丈夫なんだろうなー、って思うし。本人も数年後「あのとき人生終わったと思ったけど結局大丈夫だったなー」て思い返すんだろうなと思う。

 

狩野英孝もきっと将来大丈夫だったなー、て思うんだろうなー。

 

 

過去を振り返ると、

あのとき大丈夫だって分かってたらもっと違うことしたな、って思うことがいっぱいある。

 

恥ずかしくても大丈夫ってことに気付いてれば、好かれてるかどうかわからない相手に好きだー、て言ってたと思うし。

 

お金は意味あることに使わなくても大丈夫って気付いていれば、大学時代になんの社会的意義もない野球観戦の旅に数10万円注ぎ込んで学校の授業さぼって旅立ってたと思うし。

 

別に卒業してすぐに働かなくても大丈夫って気付いていれば、貰ってる内定蹴って就職浪人してたと思う。

 

んで、そのときの大丈夫じゃないから、って理由で選択したときよりも。絶対に幸せだったと思う。

 

 

そういうことに気付いたから、これからは人に大丈夫だー、っていうことを仕事にしていきたいと思いました(^_^)/笑

 

自営業ww