好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

上達する中毒性を味わう

何かを成し遂げたいと思ったとき、意志の強さと自律心だけでなんとかしようとするのはイケてないです。

根性論だけでイヤイヤやっていると、成果をあげるためにもっとも重要な「続けること」が難しくなってしまうからです。



f:id:pigarusan:20170622124256j:plain


◆大切なのは成長を実感できること◆

例えば、「資格を取ろう」と思ったときに、ただ毎日がむしゃらに勉強するだけでは辛くて仕方ないと思います。
自分が考えていた進捗よりも遅かったり、なかなか理解できずにつまづくポイントにぶつかってしまったら焦りとイライラも募ることでしょう。

だからこそ、途中段階でも取り組む前の自分より成長していると実感することが大切なんです。
問題集の初歩段階のページを楽勝に解いてみたり、その知識を学び始めようとしている人に理解した部分を説明してみたり。もいいと思います。

そうすると、「案外俺イケてんじゃん」と以前より上達した自分を実感することができます。
それが上級者から見たらショボくたっていいんです。
勘違いでいいんです。
大事なのは自分が気持ち良く取り組むことですからね。

ちょっとしたことですけど、これって結構デカイんです。

小さくても「前より前進してる」ことを実感できれば、その喜びが中毒となってますます頑張っちゃうぞー、てなるわけです。


そもそもわくわく楽しめないことを目標に立てても幸せになれない◆
それでも、自分が全く興味が持てないことに関しては上達の感動すら味わえない場合があります。
料理とか栄養のことなんて興味ないのに節約のために自炊するとか、
別にしたくないけど仕事のために勉強するとか、


ほんとはしたくないけど、生活のために、保身のために何かをしようとすると苦痛が発生します。
成長する嬉しさよりもしんどいのが先に来る場合があります。

この記事では述べませんが、その場合はそもそもなんで自分は嫌なことをしないと生活できなくなっているかを考えないといけません。




◆成長する喜びを味わいたいなら筋トレするといい◆
結局これかと思われるかも知れませんが、自分の成長を実感して生きる生活を送るなら筋トレおすすめです。
健康になる、見た目が良くなる、前まで上がらなかった重量が上げられるようになるなど分かりやすく成長が実感できます。
これが物凄く中毒性があるんですよね。
成長が面白くて、ほんとはトレーニングしたら休養日を設けなきゃいけないんですが、次のトレーニングの日が待ち遠しくてしょうがなくなります。

筋肉と努力は裏切らない。
我は筋肉系エンジニア。


ちょっとふざけましたが、継続するためにはやっぱり成長がわかる何かを認識することが大事です。