好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

残業ばかりしてると暇な人だと思われるからどこかで抵抗した方がいい

久しぶりに書きます。

エンジニアの世界に入って5カ月が終わるところです。


今日は、サラリーマンは少しでも残業減らす努力をするべきと言うことを語ります。




f:id:pigarusan:20170812203008j:plain




◆残業はあくまでイレギュラーなもの◆


例え30分でも一時間でも、残業するのが当たり前だという空気の漂っている職場は危険です。
そしてその職場に洗脳されては行けません。

サブロク協定を結んでいようが、残業代がしっかり出ようが、残業はあくまでイレギュラーなものです。
そして企業側はそれを極力なくす努力をしなければなりません。


残業を当然のように強いるほうに問題があります。
残業をしぶることを批判されることがおかしいですし、なんなら上司から「定時外なのに仕事終わらないような運営になってごめんね(;_;)」というくらいの姿勢が欲しいです。
お察しの通り僕はゆとり。


◆残業を容認すると、自分が迷惑して終わりではない◆

30分くらいだから、
そんなに遅くならないから、

と、そこまで大変な負担ではないからと残業に協力的な人もいますが、あれ全く意味が分からないんですよね。

本人は自分が業務背負って終わりだと思ってるかも知れませんが。
その行動は悪い意味で確実に人の良心を刺激して、同調圧力を生んでいます。


「あの人がやってるから自分も残業しないと悪いかな…、気の毒かな…」と。


悪い風習を生み出す人も迷惑ですが、それを保守・運用して被害者面してる人も同じくらい迷惑です。

悪い風習を受け継いで困るのは後輩や下の世代です。

無意識のうちに悪い先輩になっていないか注意しましょう。


◆残業前提の工程を組む使用者はあなたを舐めている◆

たまに残業を強いられるだけならまだしも、会社によっては残業前提で仕事の工程を組むところもあります。

経営者の言い分としては「中小企業なんてどこも人手が足りないんだからやむを得ないんだよ!」というところらしいです。


そんなのは向こうの都合じゃないですか。自分の先見性のなさをあたかも正論ぽく話すのはやめていただきたいです。
あなた一人が残業して済むならいくらでもすればいいですが、人の迷惑も考えて欲しいです。


そして、馬鹿正直にその会社に付き合って一生懸命残業する人を会社側は完全に舐めています。
暇で暇で早く帰っても仕事以外やることがないやつだと思われてますよ。

ふざけるなって話ですが、実際そうなんです。
だからこそどこまでも会社にコミットすることを求めてくるんです。


職場で「早く帰りたがるキャラ」を作っておくと楽ですよ。
必要のない残業は突っぱねてとにかく早く帰ろうとする。
日頃から趣味や家事に凝っていて、平日も家に帰ってやることがあるように振る舞う。


そんなやつがいたら遅くまで残すのも悪いと思うし、残業を指示するのもめんどくさいと思われそうじゃないですか。


そう思われるようになればしめたもんです。
なので、もし今残業に苦しんでるようなら、家庭の事情だったり。
生活の都合等をでっちあげて早く帰らなきゃない理由を作ることをおすすめします。