好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

精神論だけでなく、好きなことをやったほうがいい合理的な理由

どうも。pigaruです。

好きなことやってれば単純に気分がいい。楽しい。イキイキする。

というような精神的な衛生が保たれるメリットがありますが、今回は好きなことやるメリットてそれだけじゃないよ。

ということを語りたいと思います!!

 

◆仲間ができる◆

単純に好きなことを一緒に楽しむ仲間ができます。

趣味でも仕事だったとしても、興味津々の分野について語り合える仲間ができるのは嬉しいもんです。新しい情報も手に入れやすくなります。

もちろん一人で楽しむのが気楽で最高だから仲間作らずに楽しむ。っていうのもいいでしょう。

 

◆人の役に立てる

専門知識があればこれから学びたい人に教えてあげることもできます。

これ、なんでもないことかも知れませんが、知識がない人からするとありがたかったりするんですよね。

繋がりがない人だと趣味や興味持ったことを学ぶためにスクールだったり、教材や道具にお金を浪費することもあるので。

 

◆一歩踏み出す勇気が出せるようになる◆

思いっきり好きなことを楽しみ始めると、自分の中の勇気や積極性が表に出てくるようになります。

「あれやったら絶対楽しい!」というアイデアや「~を誘ってみよう」とか。

人に働きかける勇気や主体性が出せる自分になります。

なんとなく時間を過ごす生き方から、自分でやりたいように動けるようになると人生楽しいですよ。

 

 

 

◆継続ができる◆

僕がこの記事で一番伝えたいのはここです。一番大きな文字で書きました。

好きなことは継続ができます。

 

もうね。みなさん、継続の力を舐めすぎです。

自分が良いと思ったこと、好きだなと感じることを継続することには大きな意味があります。

 

趣味レベルだろうが、世間的に価値がないものであろうが、何か一つの物事を継続し続けることには価値が生まれます。

何かを継続してきた事実は何よりの説得力になりますから、その人の発言には信憑性も力強さも生まれるわけです。

 

積み上げてきた実績は講師や文章などの教える側としてお金を稼ぐくことにも繋がりやすいですしね。

 

世の中、何かやったほうがいいと分かっているものがあっても、行動に移す人はめちゃくちゃ少ないわけです。

そんでもって、それを継続できる人となるとそれはもうめちゃくちゃ少数なわけじゃないですか。

 

自分の好きな何かを続けて生きるというだけで、自分が楽しいという以外に客観的な評価まで手に入れることができちゃうんです!

 

好きなものに熱中している人は気づかないうちに、自分が楽しんでいるうちにそうなっちゃってるですよね。

 

とにかく、今好きなことややりたいことが出来てないという人は一刻も早く生活を改めたほうがいいと思いますね!

 

広告を非表示にする