読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

ストイックになれるのが凄いんじゃなくて、ストイックになれるくらい本気で取り組めるものがあるのが凄いんじゃ。

心のこと 人生

僕は野球をよく見るので、選手の人生背景の話なんかもよく知っちゃうんですが、
アスリートたちのパフォーマンスを向上させるために節制していたり、過酷なトレーニングを日々繰り返してる姿なんか見ると超かっこいいなと思ってしまいます。
ストイックなアスリートかっこいい。



「凄い」からストイックになれるのではない
自分を律すことができるからストイックになれる、自己管理能力に優れてるから毎日トレーニングできる、意志が強いからつまらないことでもコツコツと取り組める。


「ということではない」


と思っています。

情熱大陸とか見て「私/俺にはあそこまでできないよ~」って言う人もいますけど、羨むところは自己管理ができていることではなくて。

「そこまでして取り組みたいものがある」ことなんだと思います。



◆興味のないことには本腰入れて取り組めないもの◆


そりゃ、イチローだって野球が好きだからあそこまで厳しくやって、突き詰めたいからトレーニングも練習もしているわけです。
急に「明日から零細企業でトイレ掃除を極めろ」とか言われてもまじめにストイックにやらないし、研究しないと思います。(それすらもイチローだったらそれが面白いと思ったら変態的に極めそうだけど。)

やりたいことがあるから、それやるためには当然だよね。っていうような地道な作業もめんどくさいことでもモチベーション高く取り組めるわけです。

彼らはそれだけ好きなことをやれてるので、一般人より厳しい環境の中で生きてるとは思いますが、
それでも心はきっとハッピーで熱量が高いですよ。




◆やりたいことがある人は必然的に時間を大切に使うし、健康にも気をつかう◆

僕はわりと昔から早起きとか、健康的な生活習慣を崩したくないと思っていて、
「休みを寝て潰した」とか「一週間カップ麺しか食べてない」とかケロっと言ってのける人のことが理解できませんでした。
今でこそ、「本人が幸せならそれでいいよね」
というスタンスですが、昔は「だらしないな」「適当な人生だな」とか思って嫌悪感を抱いていたくらいです。

やっぱりやりたいことがあれば時間を大切に使いますよ。
明日やりたいことがあれば、例えば野球観に行くとか、友達や彼女と遊ぶとか、どこか出掛けるとか。
朝遅く起きちゃうとそんな楽しい時間が減るので絶対早起きしたかったです。
体調悪いとか、睡眠不足が続かざるを得なかった状況でない限りはね。

でも本人は自己管理がしっかりできてるとか、頑張ってる自覚はないわけですよ。
やりたいことやるために当然のことやってるので。

ヒット打ちたかったら素振りするし、料理したかったら材料買い物しにいくし、そんな感じ。


ストイックになること自体なら、好きなものがある人だったら全然難しいことではないと思います。
その人にとっては「節制してる、ハードトレーニングしてる」という意識も無いのでしょうが。

結論:

だらしなくて嫌だなあ、って思うことがある人は自分が楽しめること、やりたいことを一刻も早く見つけてやりましょう!
そのために私生活とかちゃんとすると思うし、仕事も早く終わらせて帰りたいモチベーションが沸いてくるはずです!!