読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

人に頼って生きていいワケ

心のこと 生活

人に頼っていますか?
自分でやりきることとか、責任を背負うのもカッコいいですが。

人に任せる、頼む、ということをうまくできると人間関係が更に好転する可能性があります。

その理由を書いてみたいと思います。



◆何でも自分で背負う人は気難しい人か、ナルシストっぽい印象を与えてしまう◆

自分がもともとそうだったからなんですが、人に迷惑をかけたくないとか。自分のことは自分でやらなきゃ。

という意識が強い人って一定数いますよね。
ちょっと人にお世話になったらすぐ「すみません!」って言葉が出たり。

人の手を煩わせることに物凄く罪悪感を感じる人。

気持ちは分かるし、本人は誠実で実直なつもりなのはよく理解してるんですよ。


ただ、
そういうのは周囲からすれば冷たく見えてしまうこともあるんですよね。


例えば、僕は関東に出てくる前は車でよく移動してたんですが。

遠くから遊びに来てくれた友達が帰る際なんか、「家か、途中まで送ってくよ」ってことよく言うんですよね。

単純に別れが惜しいし、そうすればもっと長く話せるし相手も帰るの楽だろうってことで義務感ゼロで完全に自分がそうしたいから言うんですが、

人によっては
「悪いって!」

って断るか、
乗せてもらったあと
「すまんかった、取っといてくれ。」
とか言ってガソリン代より全然多い金額渡してきたりするわけです。


そりゃないやろ。
逆に悪いことした気分になるじゃん。


いや、人として凄いいいやつなのは分かるんですがね。


時に人の好意を迷惑そうにしてる、とかまたは、
なんでも自分で片付けないと気がすまない神経質な人みたいに見えてしまうこともあるのです。


◆「迷惑かけられて嬉しい」という感情がある◆

「人に迷惑をかける」
という字面だけ見るとなんだか悪いことのように見えるかも知れませんが、ぶっちゃけ迷惑かけられて嬉しい人なんていくらでもいるんですよね。(嫌ってる人を除く)


・得意なことで人の役に立ちたい
・面倒見るのが好き
・そもそも人が好き

なんて人たちはむしろ自分の活躍する機会ができると嬉しく思うものです。
彼らに頼るということは、相手を信頼している。
心を開いているという証明にもなるんです。

よく、「だらしなくて自分では何も出来なくて人に頼ってばかり、お願いしてばかりいるけど人気者」
みたいな人いるじゃないですか。

道徳的には良くないのかも知れませんが、彼らの周りにはいつもイキイキとしている人達が集まっています。




◆大事なのは人を「頼り」にはしても「アテに」しないこと。◆


ただし、何でもかんでも人に頼りきっておけば円満な人間関係ができるかと言うとそうではないです。


人から持ちかけられた厚意はよろこんで受け取っていいですし、困ったときに助けてもらうのも全然OKです。

ただ、「いつもただで仕事手伝ってもらえるから自分でやらなくていいや。」
みたいな気持ちが出てくるとまずいです。

人は頼りにされるのは好きでも、よかれと思ってした行為を当たり前のようにアテにされるのは嫌いです。

感謝する気持ちが薄れないように気を付けましょう。

なんなら、「旅行の手配は全部やってもらったから、レンタカーの運転は任せとけ」みたいな。
何か自分の得意なことでお返しをしてあげるくらいの気概があれば、持ちつ持たれつのいい関係が築けると思います。

広告を非表示にする