読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

24歳男。エンジニアとして再就職。おもに心のことを語っています。自分が気分良く生きていくことがテーマ

執着から逃れる方法

望んだものが手に入らなかった時、
期待していたものに裏切られたとき、
自分の尊厳が奪われたと感じるとき、



人はそれに執着しちゃいますね(;´ω`)


「悲しい!悔しい!許せん!」

という気分になります。


思いが強いことが執念となって何かを成し遂げることもありますが、

執着に変わっていつまでも諦められない、整理がつけられないととことん苦しむハメになります。


かつての僕もこれにずーっと苦しんできました・・・。



失恋とか超引きずるタイプだったし、
部活とかでメンバー外されたときなんかも悔しくていつまでももやもやしてました。

最近だとあまりなくなりましたが、直近では新卒最初の職場で無意味な長時間拘束を受けていた時も、自分の権利が阻害されたようでイライラしちゃってましたね。
俺の尊厳返せ的な。


僕はどっちかというと悪気なく迷惑かけられることが嫌いですかね。


当然得られると思っているから、それを奪われたと感じるから執着が生まれるわけです。

最初から得られるはずないと思っているものには執着沸きませんからね。



それじゃあ、そんなときはどうしたらいいのかと言ったら。



いじけてないでさっさと取り返しに行くしかないんですよね。


自分のもんだったものを取り返すための行動を起こす。


欲しかったものを取り戻すために必要なことをとことんやる。



それは

別れた相手と話す機会設定して、とにかく話し合うことかも知れんし。


雑にされ、軽く扱った相手に「謝ってくれ」と伝えることかもしれんし。


もしくは達成できなかった目標のためにトレーニングを積むことかも知れない。


結局は心のどこかに「まだ取り戻せるかも」って気持ちが微かにでも残ってるから執着しちゃうわけです。


可能性があると信じてるわけです。



なら、とことん取り戻せるか、すっきり諦められるようになるまでやることやりましょう。


やることやって取り戻せるか、
やることやっても取り戻せなかったか、


どちらにしてもすっぱり未練は無くなってるでしょうね。


うまくいかなかったとしても、「無理なもんは無理だったわ(=´∀`)笑」ってことに気づけるので。



何もせず、もんもんと時間で解決させようとするのが一番良くないです。


悪あがきしないのが一番かっこよく見えるかも知れませんが、結局は過去のことずーっと清算しないで生きていくことになるのでね。



執着は、可能性があると思ってることの裏返し。


さっさとその可能性は本当かどうか確認しちゃいましょう。

広告を非表示にする