好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

死に物狂いになる時間も自分には必要だと思った。

僕は元来平和を愛しています。

トラブルは嫌だし、時間にゆとりがないのも嫌だし、よくわからないものに遭遇すると焦るし、恐怖や不安を抱えて生きていくことはしたくないのです。

 

書いてて、当たり前か。誰だってそうか。と思いました。笑

 

セールスドライバーとして働いていた頃は、配送の作業時間の合間に飛び込み営業する時間を捻出して、成約をあげなければいけませんでした。

 

心身ともにかなり過酷で、焦りが運転に出たら嫌だし。

でも数字は追わないといけないとがむしゃらでした。

 

二度とあの世界には戻りたくないと思っています。

 

 

それでもある種の面白さというか、時間制限の中で成果を追うことに対するスリルを感じていて。

なんとも言えぬ中毒性はあったと思います。良くも悪くも心にハリがありました。

そうでなく、ただ辛いだけならば二年半も持たずにもっと早く辞めていたでしょう。

 

いかに配送時間を短縮するか、効率のいい訪問活動をするか。ということを考えて工夫していました。

 

 

その会社を退職してから現在まで、そのようなドキドキは経験していません。

平穏でいい時間を過ごしているようにも見えますが、その中でも自分の限界にチャレンジしてスリルを味わうような時間が欲しいと思いました。

 

就業期間はあんなに平安な時間を欲しがっていたのに、勝手なもんですねww

 

 

来週からまた関東での新生活が始まります。

 

・新しい会社でのエンジニアとしての業務

・会員になろうとしているスポーツジム

・パートナー探し

・本格的に力を入れようとしている副業

 

 

このへんで、自分に良質な負荷というか、時間と目標を決めて行動してみようと思いました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする