好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

凡才が成功するために

頑張って何かできるようになる。

人の期待に応える。

 

は、

努力がすぐ実る天才

なんでも人並み以上に器用にこなせる天才

がすることだと思ってます。

 

頑張ってんだけどうまくいかない、

努力の方向がズレちゃう。

不器用でうまくこなせない。

そもそもだらしなくて努力が続かない。

 

という凡才の人は、努力とか頑張るの向いてないと思うし。

たぶん報われることも少ないんじゃないだろうかと思われる。

 

じゃあどうすればいいのか?

というと、

 

頑張らない、

真面目にやらない、

本気でやらない、

ふざける、

 

「あれだけ真剣に取り組んだのにうまく行かなかった」

とか言って傷つかない。

 

「私は本気で好きだったのに軽く扱われて遊ばれた」

とか言って傷つかない。

 

頑張って、真剣にやって、傷つくと、「もーあんな労力かけてまでしたくない!」

ってなってもう挑戦できなくなる。

諦める。

 

気軽に、自由に、自分が楽しめるように取り組んでれば、うまくいっててもいかなくても「好きだから、やりたいから、やる」になる。

 

うまく行こうが失敗しようが気軽に、ポップに、カジュアルに、何回でも挑戦できるし傷つかない。

 

そしたら経験値積んで、本人の中では確実に上達して、やりたいことできる。

ってとこまで到達しやすくなるんよね。

 

 

そのかわり、「建前の」やりたいこと。はもうできなくなる。

やりたいことしかできなくなる。

 

見栄のために、世間体のために、周りに褒められるためにすることは全然モチベーションあがんないし楽しくないからしない。諦める笑

 

やりたいことあるならうまくいかないことにいちいち傷ついてないで、気軽に取り組んで気軽にやり続けるのが一番だと思うのです。

 

勝手に嫌になってその世界から出ていかなければ、いずれ上達しますよ。

 

広告を非表示にする