読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

成功しても失敗してもどっちでもいい

ブログと連携してみたくてブログ用にfacebook登録してみました。

まだぼっちです。

 

僕が書いてることを知り合いには見られたくねえw

という気持ちがある反面、友達経由で広めてみて欲しい気持ちもあります。

自分が思ったことをひとりごとのつもりで書いていますが、共感してくれる人には読んでもらいたいなあという気持ちです。

 

今日の話題は失敗や不安について。

僕は性根が心配性で、何するにしてもすぐ失敗を気にしたり不安になるタチでした。今もそんな性格は大きく変わっていませんが、ここ1年くらいの間で失敗や不安に対する考えが大きく変わっています。

 

 

①失敗したり、数こなさないとうまくいかんよね、という考え

失敗しないようにびくびくしてる人より、圧倒的スピードで次々行動起こして失敗してる人のほうが最終的にうまくいっています。

行動起こして失敗を重ねていけば、何するにしてもどんどん上達するのでしょうね。

月並みですが、失敗したことより学んだことに焦点を当てることが大事だと思います。

ようは、成功とか失敗は「期日に間に合ったかどうか」の違いだけだと思っているので、

長い目で見れば今はくすぶってるけどそのうち飛躍して最終的にはうまく行くよーということです。

 

②どーせうまく行くけど、うまく行かなくても大丈夫という真逆の2つの考え

①を書きましたが、そうは言っても失敗ってかっこ悪いしできればしたくない。

うまくいったら素晴らしい、100点満点だけど、一方でうまくいかなくても大丈夫!

という考えも持てるようになりました。

心屋さんの著書の影響も大きいと思います。

 

どーせうまくいく

どーせ十分なお金を手にできる

どーせパートナーに愛される

どーせ人に好かれる

 

という考えを持つ一方で

 

うまくいかなくても大丈夫

お金が入らなくても大丈夫

パートナーができなくても、愛されなくても大丈夫

人に嫌われても大丈夫

 

という考えもできるわけです。

 

 

上記2つの考え方に共通することですが、要は「失敗もOK!」と思えていれば怖いものがなくなるわけです。

 

成功が○

失敗は×

 

と思っていると、不安に襲われて苦しくなります。

そうではなく

 

成功は○

失敗も○

 

になれば、何も不安はありません。

 

失敗にOK出せれば、成功するためにすべきことができるようになります。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする