読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

欲しいものはわりと手に入ってた

心のこと

足りないと思うものとか、あれがあればなあ、というものはいくらでもありますが。

僕自身、有形無形のもので本当に欲しいと思ったものはなんだかんだ全部手に入れてきました。

そのかわり、興味がなかったものに関しては全く手に入れてませんが。

 

もともと子供のころから物欲は少なかったこともありますが、親にも普段ものを買ってと言わなかったおかげか。

おこづかいでは手に負えないレベルで本当に欲しいものがあるときはほぼ全部買ってもらえた気がします。

 

友達の影響で突然野球好きになったら、野球用品一式買ってもらえたし、

まったくゲームやってこなかったのに、みんなポケモンはじめたときはすんなりカセットとゲームボーイを買ってもらった覚えがあります。

 

小中学校で、自分からお願いして買ってもらったのはこの二つくらいしか記憶にありません。

あとは欲しいものがあったら月500円のお小遣いを計画的に貯めて購入していました。今は大好きな買い食いも、全くしませんでした。

 

性には興味があったけど、彼女なんかも高校までは欲しいと思わなかったのでいませんでしたが、本気で欲しいなと思った大学生になってからはできました。

 

大学にはほぼ知り合いがいない状態で入ったので、友達欲しいなと思っていたらわりかしいっぱいできました。

 

安心できるだけのお金が欲しいとか大学生にして考えていたら、アルバイトとかして常に5、60万くらいは持っている状態になりました。

 

すみませんまだ続きますよ。

 

ろくに大学で勉強もせず、就職も不安でしたがなんだかんだ就職できました。

 

手取りで20万くらいはもらえて、報奨金とかももらってたらそこまで切り詰めてたわけでもないのに、むしろ無駄使い多いくらいだったのに2年ちょっとで200万以上貯まりました。

 

改めて彼女欲しいな、と思ってたらそれもまたできました。

 

仕事に追われて時間と安息が欲しいと思っていたら、

それも今手に入れています笑

 

 

ダラダラ書いてきて、

 

何が言いたいんだ?

この程度のショボい自慢が書きたいのか?

 

と思われるかもしれませんが、そうではなく。

ふと、これまでの人生を思い返してきて

 

あー、

俺は

本当に欲しいものは手に入るんだな、

 

と謎の安心感を得たのです。笑

 

 

逆に僕が興味わかなかったものは、大多数の人が持っているようなものでも持っていなかったりします。

 

携帯も大学生になるまで持ってなかったし、

着るものにも興味なかったので大学生までは持ってる服はユニクロどころかイオンの安売りのものだったし、

高校生までは個人的に連絡とる女の子も0だったし、

今は大好きな本とか、一冊も部屋に置きたくない人間でした。

 

だけど、本当に欲しいものは手に入れられる。

手に入れるための行動を躊躇なく起こせる。

そう思ったら、今の不安定な生活にも安心できます。

 

僕が欲しいと思うもののメインは

 

・自由に友達と遊べる生活

・奥さん子供と機嫌よく過ごす

・自分の体験や学んだ話を人に伝えて生きる

・好きなだけ野球やる

・親孝行する

・お金をきにしないで生きる生活

 

 あたりです。

pigarusan.hatenablog.com

 

 

これらも手に入れられると思うと、今からわくわくしてしまいます。

だから、特に不安にならずに今を生きていこうと思います。

 

 

広告を非表示にする