読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

まだ自分を雑に扱ってると思うこと

このブログのタイトルにある「好きな物」の中にはもちろん「自分自身の存在」も含まれています。

 

やりたくもない仕事を

心や体をいじめてまで

定時外の時間まで奪われて

けなされるような環境で

やり続ける。

 

誰かのため、仕事のためなら自分を安く売る。

 

そんなことは、自分を軽率に扱ってることだから、自分を大切にするという意味で辞めてよかったです。

 

しかし、会社を辞めてからの今までの時間でまだまだ自分を大切にできてないなー、と思うことがあります。

 

今は次にやりたいことの準備を進めていますが、

「これからしばらくはお金が減ってくだけだなー」とか

「去年あれっぽっちの収入でも国保と年金でこんなに持ってかれるんだなー」とか

 

お金のことを考えると

「またどっかに雇われて働くことも考えたほうがいいかも・・・」

 

なんて考えることもあります。

あれだけ嫌だった世界に、戻ることもよぎることがあります。

 

でも

 

おいおいおい、

 

せっかく逃げてきたのに

 

まーた自分から自分を安売りしにいくのか?

 

有休使うにもひと悶着するような環境にいくのか?

 

好きな人とも自由に会えないような拘束時間だぞ?

 

収入も、自分で決められないぞ?

 

その世界でお前は機嫌よく過ごせるのか?

 

彼女と楽しく過ごす生活ができるのか?

 

親孝行ちゃんとできるのか?

 

 

という自問自答をすると、

今のところサラリーマンに戻れるわけがありません。

 

サラリーマンでなくても、

儲かりそうなビジネスやってる人の仲間に加わろうとか、

知り合いの会社経営してる人をあてにしてみようとか、

手っ取り早くお金になりそうなせどりとかオークションとか始めようとか、

 

色々な誘惑にかられます。

 

それらが暇つぶし程度にできるならやってもいいけど、

どれも結構な手間暇がかかるものばかり。

 

それらに時間費やすのは、ある意味前職でやっていたのと同じことになる。

 

好きでもないことをお金のためにやってることになる。

 

それじゃあ会社辞めた意味なし。

 

俺はお金や他人のためにこき使われていい人間じゃないぜ、

という根拠のないおごりを持ちながら

 

改めてぶれずに

 

 

・自分がやってて気分がいいこと

 

をとことんやるための準備を進めていきます。

 

へへへ。

 

 

広告を非表示にする