読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

相談相手には同士を選ぶ

何かをしたいと思ったとき。
建設的な意見をくれない人に相談をしても意味はありません。

例えば会社辞めたいからって親や上司や勤めている友達にアドバイスを求めたって、反対されるか、「そっかー」と真剣に聞いてもらえないかのどっちかです。


だって自分がそれが正しいと思ってるから雇われてるわけなので、無理もありません。


自分がこれから進みたいことについて、相談やアドバイスを受けたいならその道で成功した人。今まさに挑戦している人。
同じく挑戦しようと思っている人のところに行かないと。


自分がやりたいことをやらない理由を、人はいくらでも挙げられます。

失敗したらどうすんの?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))
お金はどうすんの?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))
そのやり方で大丈夫?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))
失敗したら恥ずかしくない?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))
馬鹿にされるんじゃない?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))
周りの人はなんて言ってるの?((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))


人があなたを止める最もらしい理由はいっぱいあります。


それでもやりたいと決めたことなら、それをやるために必要だと思うことをどんどんやりましょう。
誰もが心配するような初期段階の不安で不毛に足止めされてる場合じゃないのです。

なので、相談をする相手には建設的な意見をくれる同士を選びましょう。

そんな同士が身近に居ないのならネットで探せばいくらでもいます。
それに関する本も出てることでしょう。

応援してくれる人、味方を作ることは大事なことです。

広告を非表示にする