好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

Pigaruの詳しいプロフィール(1/6更新)

Pigaruって誰?

自称:好きなものをちゃんと愛するブロガー、

経済自由人になって機嫌のいい毎日を送りたいと思っている

24歳(17年1月現在)A型男。東北某県出身。

14年に新卒入社した会社でルート配送兼新規開拓営業の仕事をするも16年7月で退社。

数カ月の無職生活を経て「これからはITの時代や!」と思い立ち、17年一月から関東の会社でエンジニアとして再就職。

プログラミングを独学するよりも人に教えてもらったほうが楽という魂胆。←

 

実は上記の7月に辞めた配送会社と、今度入社のIT会社の間に一社勤務した会社があるが何も面白い出来事はなかったので割愛、

 

 Pigaru(ぴがる)の由来についてはこの記事を読むといいです。(読まなくても何も問題ないです。)

本名に由来した名前にしようと思ったけどいまいちしっくりこなかったからPigaruでいきます。

 

pigarusan.hatenablog.com

 

 

学生時代

高校まで

野球部に所属。それなりに楽しい毎日を送ってるものの勉強も部活もプライベートもなにもかも微妙でパッとしないコンプレックスの塊。

ただ別に家庭が荒れてるとか、グレたとか、いじめられたとか、大きな問題はなく、平和に過ごす。

 

大学

「ひとのやくにたつしごとがしたい!」という小学生並みの思考で介護・福祉系の大学へ進む。結局考えを改めさせられ企業へ就職することになるが、色々な人との出会いから価値観が変わってある意味人生の転換期となる。進学させてくれた両親に感謝。

人生初めての彼女もできる。

 

社会人時代

地域密着型を自負する知名度だけはある流通会社に就職。

就活時の説明会や内定者交流会で色々吹き込まれ、モチベーションが高まったまま配属が決まる。後々聞いてた職場と違うことに気付く。

 

は?なんだこれは?

 

残業1時間程度って聞いてたけど22時退勤が常。

なんか年配の営業担当が若い上司にめちゃくちゃ怒鳴られてる。

みんな時間守らないし約束守らないしそもそもメモすら持ち歩いてない。

ルート営業で既存客にお勧めする営業って聞いてたのにガチガチの新規開拓やん。

しかも20時過ぎても飛び込みさせんのかよ。。。。。

やべえOJT終わって一人立ちしたけど、毎日数字に追われて胃液出そうだ。

辞めたい辞めたい、、、

 

でも辛いのは慣れるまでかもしれんし、ここは歯食いしばって頑張ろう。

 

~1年後~

だいぶ仕事も慣れたな。

なんとか頑張れば自分のノルマはいくようになってきた。

でも相変わらず仕事は数字追うだけで楽しくない・・・。

上司は言うことも方針もころころ変わるし、それにはいはい従ってるだけなのも苦痛だ。

辞めてえなあ、、、、

 

~さらに1年後~

もう全くやる気がおきない。

自分から仕事のこと勉強する気にもならない。

人辞めてくからそのぶんの振り分けでさらにノルマ重くなるし・・・

 

もう我慢できねーのや!!!!!

 

苦痛なだけの仕事なんて辞めちゃおー♪しょうもねー。

残業しまくってやっと20数万ぽっちの給料で人を自由に使えると思うなよー。

3年未満で辞めると転職に響くとか、

無職になって恥ずかしいとか、

そんなどーでもいい価値観なんて粗大ごみに出しちゃうぜー♪

自分殺してまで会社のためとかわけわからんし。

 

というわけで仕事辞めました。

 

今は人生史上で一番お金(と言っても貯金220万程度)と時間があるときです。

やりたいことやって、いい気になって過ごそう♪

お金欲しくなったら稼げばいいし。

 

というわけで今に至ります。

(17年1月に再就職) 

 

ブログについて

15年の秋ころにスタートしてます。

何度かタイトル変わっていて、当時、

「自分の好きなものを題材にブログはじめてみようかなー♪♪」

 

と思い立ち「野球のある生活」というテーマでスタートしました。

そしたら、友達と野球のこと話すときはマシンガントークになるのに、いざ文字で語ろうと思ったら全然キーボードの指が進まない。

話すのと書くのとはまた違うことを認識して、野球のことについての記事がめちゃくちゃ少なくなり、逆にお金のこととか、読んだ本のこととか、仕事の愚痴みたいなことを綴りだしたので「野球と脱サラ願望とお金」という「部屋とYシャツと私」みたいなタイトルに変更しました。

 

それから数か月して、このタイトルも欲張り過ぎでピンとこず、、、

「もっと簡潔にまとめたい!」ということで現在の「好きなものをちゃんと愛するブログ」

 

になりました。

 

色々なコンセプトはあるのですが

・嫌いなものに目を向けて欝々とした気分に浸るより、好きなものにちゃんと目を向けよう

・他人の期待とか社会的美徳とかよりも自分の気分がいいことが大事

・自分が満たされてるから人にやさしくできる

・人に「嫌われる、怒られる」という怖いものから逃げるために「努力・我慢・頑張る」するのを辞めて、ちゃんと怖いと思ってるものと向き合おう

 

というような内容を綴っています。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

Pigaruの願い

一番は自分の幸せです。

独身だけど結婚願望が強いので、愛する奥さん子供と暮らしたいなー、親孝行もしたいです。

あとは仕事でも趣味でも、自分が楽しいと思えることやって生きられたら本望。

 

そのうえで

「友達、自分の周囲にいる人」「ブログを通して関わる不特定多数の人」の人生を

 

・少しでも生きやすくして

・気分よくして

・何か気づきを得てもらう

 

なんてことができれば本望です。

 

でもそのためだからって頑張らないし、

努力しないし、

お金ももらうかもしれないし、

つまらないと思ったらやめるかも知れないけど。

 

それでも良ければ読んでって欲しいです。

 

 

 

Pigaruが影響を受けた書籍

本田健さん、中村文昭さん、心屋仁之助さんetc.などの著書に影響を受けています。

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

 本田健さんの代表作。飯を食うための「ライスワーク」ではなく、自分が生きていることに対する感謝と愛を表現する「ライフワーク」とその他豊かな人生を送るためのコツについて記されています。

 

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

 

コーヒーやたばこひとつ買うのにも必ず自販機でなく人から買いたいという中村文昭さん。人との繋がり、人を喜ばせることがどれだけのパワーを持っているかを教えてくれます。

 

世界一ふざけた夢の叶え方

世界一ふざけた夢の叶え方

 

 

 ひすいこたろう,菅野一勢,柳田厚志という異業種の3氏が知り合い、飲み会で夢を語っていたらそれが叶っちゃったという一冊です。「世界一ふざけた夢の叶え方」とのタイトルではありますが、やりたいことのためにとにかく行動して実現するという、ある意味「世界一まっとうな夢の叶え方」とも言えると思います。

 

 

 

17年現在

ネットとちょっとしたOfficeを使える程度のPCスキルをもっと向上してプログラミングまでできちゃうようになりたいと地元の東北を離れ関東の会社に再就職並びに引っ越します。

出身県まで明らかにしていないのは僕の存在のせいで「○○県はPigaruっていう頭おかしい奴いるらしいぞ」って地元を馬鹿にされたくない程度には地元愛があるからです。

 

今は束の間の無職期間(二年連続二回目)を楽しんでいます。