好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

「自分らしく生きなきゃ」とか思わなくていい

今はちょっと前の時代と色んな社会の価値観が変わってきているように感じます。

 

例えばちょっと前までは

 

①苦手なことを頑張る

②一つの会社に長く勤める

③たくさんのお金を稼ぐ、いい家や車を持つ

④自分を犠牲にする

⑤自立した女性が素敵

 

なんてことが美徳みたいにされてた時代もあったけど

 

最近になって上記みたいなことも

①自分の好きな事をやる

②嫌いな仕事はすぐ辞める

③ものを持たない、必要最低限のものを持つ

④自分を大切にする

⑤女性は甘えてくれたほうが男は嬉しい

 

というような価値観が叫ばれるように変わってきたように思います。

 

 

僕はこれがとってもいいことだと思っている一人なんだけど。

こういう自分のしたいことをする。とか

自分らしく生きる。

 

 

って考えを大事にしている人ほど苦しんでいるように感じてます。

 

本とか、ネットで読んだ「自由に生きる」みたいな言葉に触発されて、

「これからは自分らしく、自由に生きなきゃ!」

「本当に好きな事を仕事にしなきゃ!」みたいな新しい義務感に襲われている人にも何人か会ってきています。

 

それで、

「本当に好きなことがなんなのかわからない」とか

「自分らしい生き方が分からない」とか

 

さらに悩みを生み出して深みにはまっちゃう。

 

 

僕が思うのは、「本当に好きな仕事」なんてやってもやんなくてもいいし

「自分らしい生き方」も「自由な生き方」もやってもやんなくてもいい。

 

結局は「自分が機嫌よくいられること」すればいいと思う。

 

 

「本当に好きなこと」とかどーでもいいわ。しょーもない。

 

僕だって

なんか好きだから野球観るし。

なんか好きだからカフェラテ飲むし。

なんか好きだから本読むけど

 

気分次第でやんないときもあるし、するのがだるく感じる時もある。

このブログ書くのも好きだけど、先月はほっぽってたし。

「本当に」好きな事ってなんやねん。

どうやって決めるのよ。

 

「自分らしい生き方」もそう。そんなの知らんよ。

 

いいからそのときしたいことやって、自分が機嫌よくいられればいいと思う。

 

せっかく自分を苦しいとこから解放しようって気づけたのに、何をまた努力して頑張って悩んでるんよと思ってしまう。

 

いいから自分の気分よくいることに責任もってしたいことすればいい。

 

お金とか、結果とか幸わせとかを求めるよりまずそこだと思います。