好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

うまくいくと信じるんじゃなくて、わかる

何か物事に立ち向かうとき、

「できると信じて!」とか

「自分を信じて!」とかよく使いますね。

 

「頑張って!」とかと同じ意味で人を励ますときに言いがちです。

 

ですが、この「信じる」っていうのは、いわゆる「思い込む」っていうこと。

確信じゃないから疑問の成分も混入しています。

 

人によって

信じてる2:8疑問

 

かもしれないし

 

信じてる9:1疑問

 

かもしれません。

 

 

どっちみち、不安や疑問の成分が混在してる。

逆境に立ったとき、信じてる100%でないと、少しの不安成分があっというまに信じてる成分を超えてきます。

 

うまくいく9:1無理かも

 

って自信ありげな人でも

 

向かい風にたたされると

「無理かも」の割合が大半になってしまうわけです。

 

 

そうなると、不安なく行動すればうまくいっていたものにも躊躇して行動が起こせなくなったりしちゃうわけです。

 

 

 

だからね、

 

 

うまくいくって信じるんじゃなくて

 

 

わかる、

 

うまくいくってことを「知る」

 

って感覚が大事だと思います。

 

今どんなに状況が悪くても、どーせ最後はうまくいく。

最短だろうが、遠回りしようが結局うまくいっちゃう。

 

 

そう考えれば途中段階の不調にもあたふたしなくなるし、

うまくいくための行動を恐れずできちゃう。

 

だから、うまくいきやすくなる。

 

 

ってことを、

この講演で学びましたw

 

pigarusan.hatenablog.com

 

 

pigarusan.hatenablog.com

 

広告を非表示にする