読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

失敗や痛みは悪いもんじゃないと思う

自分のことをちゃんと考える、見直す時間を持つと本当に自分のやりたいことや願望が浮き出てくると思います。

 

 

pigarusan.hatenablog.com

 

 

でも、せっかく自分の素直な欲求に気付いても、

今度はそれを実現することに恐怖を感じる人は多いと思います。

 

異性と仲良くなりたいけど、嫌われたり恥ずかしくなるのが怖くて実行できない。

好きな人に好意を伝えたり、嫌いな人には冷たい態度で接したいけど、今後が怖くて実行できない。

休みをとって旅行にいきたいけど、周囲の目がきになって実行できない。

ただ単に怠けたいけど怒られる・・・。

 

 

怖い人にとっては、とんでもなく怖いことです。(僕もそうでした)

 

でも、逆にやっちゃう人はこんなこと本当にあっさりやっちゃいます。

 

それは実行することで怖がってるリスクなんかより、自分のやりたいことを実現することのほうがよっぽど大事なことだとわかってるから。

 

失敗や少々の痛みがないと成功できないとわかってるから、変にうまくやっていこうとか最短距離でいこうとか考えてないから。

 

 

恋愛なんかは、自分がいくら頑張っても嫌われるときは嫌われるし、報われないことも多いです。

 

でもそれで人に好意を向けないようになってしまったら、望むパートナーなんか絶対に手に入りません、

 

願望を叶えるための失敗や痛みは、真冬の露天風呂に向かうまでの屋外の通路とでも思っていればいいのではないでしょうか?

 

向こうの眺めや温かい湯に浸かるためには必ず通らなければいけないけど、それはちょっと辛抱してれば終わります。

 

 

 

広告を非表示にする