読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

大嫌いな仕事の中で得た財産

7月下旬に今の職場を退職予定です。

改めて断っておくと、配属されてからすぐに辞めたくなるくらい風土や運営が酷いところですが、人間関係には満足していました。


僕が「営業課題で潰されて欲しくないから」と厳しくも丁寧に教えてくれたOJT担当の方。


新人時代から僕がポカやらかしても、生意気で反発するようなことばかり言ってもちゃんと口論に向き合ってくれたグループマネージャー。


おせっかい焼いてしつこいくらい手伝おうとしてくれたり、気を配ってくれるベテランのおっさん。



パートのおばちゃんたちも、そこら辺の営業顔負けの元気とコミュ力のある方ばかりでした。


明確な規律はありませんでしたが、誰にでも気軽に声かけたり、元気よく挨拶するのが当たり前な職場になっているのはこの人たちのおかげでしょう。

もちろん、全員と円満な関係だったわけではありませんよ。
大嫌いな上司もいましたから。



それでも、仮にぼくがこれから転職活動をしたとしても今以上に人間関係の良い職場に巡り会える自信がありません。


それくらいいい人たちに出会えたと思っています。


でも、どうしても仕事内容とやり方に納得が行かないので辞めます。


詐欺まがいのセコいやり方ばかりさせて営業成績をあげて利益を出そうとする。

怒鳴って精神的に追い詰めることが上に立つものの仕事だと教え込まれている。


そんな性分じゃないのに、上に指示されるからしょうがなく部下を責めたり、怒鳴る人をたくさん見てきました。

本人も本当はそんなことしたくなかったはずです。

そんな想いが透けて見えるので、僕は怒られた人に対して、恨んだりすることはありませんでした。(でも反発はいっぱいしてました笑)


今は役割も下のほうだから、こうやって反発してますが、上司を見てると

「あんな自分も納得できないようなことを部下にさせなきゃならないのか」

と、名誉なはずの出世も恐ろしく感じたのです。


この時点で今の職場でずっとやっていくことはありえないな、と感じました。


人を大切にしないトップのもとには人生任せられないと思い、退職を決意しました。


それだけが理由じゃなくて、待遇のこととかお金のこともありますけどね。


それでも、こんなに周囲の人に恵まれていなかったらそれこそ入社後数ヶ月で辞めていたでしょう。

マジで。


仕事以外でもプライベートで遊ぶような友達を職場で作れたのは、財産以外の何物でもありません。

対したスキルもついていませんが、それだけは今の職場に感謝しています。

広告を非表示にする