読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

本当に欲しいものってそんなにないかも

僕にGW休みはありませんでしたが、久しぶりに帰省してきた友達とたくさん会えました。

 

なつかしい話で盛り上がりましたが、

社会人になってからつまらない時間使ってきちゃったねー、

 

みたいなことも言いあいました。

 

僕も人生は有限だということをひしひし感じています。

 

 

中には僕と同じく独立したい人もいました。(同じくまだ何で食っていくかはきまってない)

 

「金持ちになって車も買いたいし、六本木のマンションに住みたい。そうなったらみんな呼んでパーティしたいなw」

 

ということを言っていて、僕とはまた違う目標なんだなー、と思いました。

景気がいいのはいいことです。

 

 

僕も同じく脱サラするからには、時間にも経済的にも恵まれたいです。

 

だけど、僕がこの友達と違うのは、お金は好きなことやってくための手段でしかないことです。

 

僕がやりたいことやってくためには、実はあまり大金を必要としません。

 

好きなときに野球を観にいけて

嫁さん子供(どちらも将来いる予定)と一緒に暮らせて

好きな人といつでも飲みにいけて

親孝行できて

運転できれば車はなんでも良くて

服も変じゃなければなんでも良くて

アマゾンで好きな本を買う

 

基本的には野球があって、肉魚お酒が食べられる生活ができれば満足です。

 

 

親に不自由させないとか、家族のためにお金使いたい部分もありますが、自分の欲求を満たすということを考えるとこれで十分でした。

 

 

そりゃああるに越したことはないってものはいくらでもありますが、

 

「これマジで欲しい!」

 

と思うものは少数です。

 

 

やりたいことにお金がかかるっていうよりも

やりたいことやれる「生活を維持する」ためにお金がかかるのかも知れません。

 

よく「お金なんてそんなに重要じゃない」といって安いもの、コストパフォーマンスのいいものばかりに執着して結局お金に振り回されている人がいますが。

 

そうではなく、本当の意味でお金のことを気にせず、「好き」か「嫌い」かで物事を選べるようになっていきたいと思います。

広告を非表示にする