読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

退職と同時に1人暮らしを考えている

生活

久々の土曜出勤がありました。

かなり疲れもピークです。

明日一日しか休日がないことを思うと憂鬱です。

 

さて、今週職場に辞意を伝えて、来週中に所属長と面談をして今後のことを詳しく決めていきます。

 

職場に不満はありますが、一緒に働く人たちにはわりと恵まれたと感じているのでよっぽどのことが無い限り喧嘩別れはしたくありません。

 

pigarusan.hatenablog.com

 

退職時期について

これもある程度、職場の体制に委ねます。

3年目にさしかかるというところで、現時点では責任が一番軽い役職です。

しかし既存の顧客を丸々引き継がなければならないので代わりが効きにくい状態でもあります。

2週間とか、1ヶ月とかのすぐに辞められれば嬉しいのですが、現実的に無理だと思うのでそれなりに時間がかかってもそれに従います。

 

それでも希望では残年休も含めて7月中に辞められればいいなと考えています。

暑さがピークの中で飛び込み営業やりまくりたくないのと、高校野球シーズンに入るからです。

7,8月は次の食い扶持のことは考えず高校野球に見入りたいと思っています。

 

1人暮らしをはじめてみたい

安定した収入が得られなくなるところですが、退職と同時に1人暮らしを考えています。

現在は実家で祖母、両親、母の妹、弟と同居しています。

現在家へ毎月5万ずつ納めていますが、ひとり暮らしの家賃、光熱費、通信費、食費を考えるとやはり破格です。

現在貯金が200万ちょいのことを考えると、1人暮らしの費用は痛いです。

 

コスパ的には相当悪いですが、今1人暮らしを経験しておくことは意味があることかな、と考えています。

 

①自由な時間が圧倒的に増える

実家での生活もそれなりに快適です。

ですが、家族ぶんの料理を作り、配膳をし、皿を洗い、洗濯をする。

休日には家事をほとんど任せられますが、やはりこの「家族ぶんの」というのが付くと結構大変になります。

 

高校生までは、亡くなった祖父、就職前の兄もいたので家族は8人。それなりに大人数で暮らしていたのでもっと大変でした。

 

単身になれば、家事は全部1人でやる代わりに全て1人ぶんで済みます。

加えて、実家のように毎日規則正しくやる必要もないので食事は数日分作りおき。

洗濯も週に1回で済ませられるのではと考えています。

 

その結果、自分のやりたいことに専念できる時間は大きく増えそうです。

 

②男としての自信がつく

「経済面を考えたら、実家のほうが圧倒的にお得だぜ」なんて考えていましたが、やはりどこかで親に依存してるような、自立していない男みたいな情けなさを感じていました。

単純に1人で生活することによって、自信が付くというよりは上記の劣等感がなくなると表現したほうが正しいかもしれません。

実家だったら女の子を招くことも非常に勇気のいることですが、それも容易になります。

 

③親への甘えを絶つ

うっとおしく思った時期もありましたが、なんだかんだで両親を尊敬しているし感謝しています。

就職してからはより一層僕の健康に気遣ってくれるようになったと感じています。

大切に想ってくれてると感じています、むしろ両親が「家から出て行かないで」と思っていると感じます。

彼女もいないのに「結婚して、私に子供抱かせて頂戴」と言ってきます。

親不孝でごめんなさい、けど、絶対親孝行します。

 

 

退職して、1人暮らし始めたら現在の車は手放して弟か両親に預けるor換金を考えています。

この2年間、車の快適さ、便利さを知り過ぎてしまいました。

自分の空間のまま移動できること、気候に関係なく快適に過ごせること。

電車の時間に合わせなくていいこと。

 

本当に快適です。

もう車大好きです。

 

ですが、維持費が高すぎます。

 

車持っていなければ、この2年間で+50万くらいは貯金できた気がします。

 

 

こう見ると、書いたことを実現すれば生活はガラッと変わりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする