読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

「ベストパートナーになるために」を読んで

恋愛・パートナー

 とある方からプレゼントされた書籍を読んでみました。

 

男は火星から、女は金星からやってきた。

同じ人間なのに、男と女ではそれほどまでに考え方、表現法が違う!ということを知っていることで恋愛関係や夫婦関係が上手く行く!!

と書いたのがアメリカの心理学者ジョン・グレイ博士の著書、ベストパートナーになるためにです。

 

この本の中では、火星人や金星人のほかの呼び方に男性は『ミスターフィクサー(調停屋)』女性を『教育委員長』とも表現されている。笑

これは男性は、すぐに調停(問題解決)をしようとし、女性は、すぐに問題を正そうとする。

女性は、話をすることで心の平安を取り戻したり、ストレス解消になったりするもの。ただ聞いてくれるだけでいいのに男性へ話し出したとたんに、

『それは○○した方がいいと思うよ!!』と解決法を示されたり、

女性はただ話を聞いて欲しいだけなのに、解決法や結論を出してしまう男性にイライラ。そして結局

『あなたは私の話をちゃんと聞いてない!!』

女の話をちゃんと聞いて、解決法を出してやったと思ってる男にとって、感謝もされず、まさか反撃の言葉が帰ってくるとは・・・。
そこで、機嫌が悪くなったり、売り言葉に買い言葉でケンカになったりすることも多いもの。

そしてこれが女性の不満であるなら、男性の方は・・・

“彼女はオレを変えようとする(干渉してくる)”

女は彼をより良くするために、アドバイスをしたり、クセを変えさせたり、生活を直させたり、男性にとっては要らぬお節介であったりすることを、嬉々としてやってしまう生き物。

男を干渉し、正し続けていると(女は思っている)・・・漢であれば自分を受け入れず、変えられることに腹が立ち離れて行く。

男は一人ですべて解決し、すべてやり遂げることに達成感を覚える生き物

 

らしい。

 

よく男は問題解決を優先し、女は共感を優先する、と言われます。

まさにその内容を深い具体例を挙げて解説してくれているのがこの一冊でした。

 

たまに恋愛もののハウツー本を手に取ってみることもありますが、大体は「惚れさせ方」や「肉体関係の持っていき方」みたいなことばかり書かれています。

それに対してこれは最後まで人生を共にするパートナーとの幸せな付き合い方。という点を重視されているように感じ、思った以上に中身のある作品でした。

 

 

一旦無職へ向かっている僕自身は、しばらくそんな相手とは付き合え無さそうですがね、、、

 

今はまこちゃん(仮)が仲良くしてくれていますが、お互い経験値が少なく未熟ですからひょんなことで疎遠になっても不思議はありません。

 

たくさん失敗して、最終的には幸せな家庭を作れる人と一緒になれたらいいな~、と思っています。

広告を非表示にする