好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

自分が楽しむついでに人を喜ばせてみたい

仕事というのは、誰かが困っていることを解決したり、喜ぶことをした報酬としてお金を受け取ること。

大雑把に言えばこういうことだと聞きます。

僕の言葉ではありません。

 

需要がない人にお願いしたり、「試しに一度~」みたいなことを案内して給料をもらってる僕の現職としての営業は、仕事と呼んでいいのかどうか疑問に思うことがあります。。。

 

 

脱サラして稼いでいくとなったら、この

 

人が困っていることを解決する。

喜ぶことをする。

 

というのが軸になってくると思います。

 

ただここで注意したいこと、

いくら社会的意義のある立派なことをやろうと思っても、自分が心から楽しいと思えなかったら結局は続きません。

使命感に突き動かされて、衝動的に行動する人って、辞めるのも早いですよね。

 

中村あやえもんさんの著書では「自分にとってのゴミ」を売る。という概念が紹介されています。

自分にとっては価値のないものでも、人から見たら金を出してでも欲しいものが必ず提供できるというものです。

 

 

大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法

大好きなことでお金を稼いで、独立をする方法

 

 

好きなことについて綴った文章。

好きなことについて調べていくうちに身についた知識、情報。

自分自身の成功体験談、失敗談。

 

これらは、自分にとっては大したものではないかも知れませんが、人から見たら十分な価値がある場合があります。

 

 こんな

「自分が楽しいこと、好きなこと」

を追求していった結果。

「ついでになんか人喜ばせてた、お金いっぱいもらっちゃった」

という状態になるのが理想ですね。

 

はじめから「人を喜ばせること」を最優先にしてしまうと、好きでもないことをやってしまうようになったり、おしつけがましくなってしまいそうです。

 

そうではなく、「仕事じゃなくてもついやっちゃう」、くらいになれればもう経済的にも精神的にもかなり豊かな状態になれるんじゃないかと思います。

 

自分が楽しめることで、どう人の役に立つかを追求してみたいと思います。