好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

映画・ゴースト~ニューヨークの幻~を観て

レンタルDVDを観ました。

何も知識がないのでネットの評判が良かったものを借りてきました。

 

pigarusan.hatenablog.com

 今回は

「砂漠でサーモンフィッシング」

「ゴースト~ニューヨークの幻~」

の二本。

 

 

「ゴースト~ニューヨークの幻~」について

 

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 

あらすじ

銀行員のサムは恋人であるモリーと幸せな日々を過ごしていました。

ある日モリーはサムに「結婚したい」という自分の気持ちを打ち明けます。

その答えに悩むサムでしたが、「愛している」というモリーの言葉に対して「同じく」と応えます。

「同じくってどういうこと?ちゃんと言葉にして欲しい」と若干不満なモリー。

その直後、ひとりの暴漢にサムが襲われます。

乱闘の末に逃亡する暴漢でしたが、その際に暴漢が持っていた拳銃が暴発し、サムは死んでしまいます。

幽霊となったサムはモリーの住むアパートに共に戻ってくるが、モリーには自分の姿は見えない。

サムを殺した暴漢がモリーの命を狙っていることに気づいたサムだったが、その事実をモリーに伝えようとするも幽霊であることからモリーに伝えることができない。

果たして、サムはモリーに彼女の危機を伝えることができるのか。

 

 

映画に疎い僕は知りませんでしたが、日本でも昔からかなり有名な作品だったようです。

モリー役のデミ・ムーアのショートカットの髪型はかなりかわいいです。

 

彼氏だったサムは、自分で言葉を伝えられないのでインチキ霊媒師のオダ・メイを怪奇現象で脅して、モリーを守るのに協力するよう要請します。

このへんのアホっぽさもまた良かったです。

 

ラストに、サムを殺した暴漢と、サムの銀行の同僚はグルであることがわかり、その暴漢と同僚はモリーを殺しにいきます。

霊媒師を通して、サムに逃げるよう伝えられたモリー。

避難が間に合わず、モリーは襲われますが、トレーニングによって人体に触れられるようになったサムが復讐の反撃に出るシーンが爽快でした。

 

タイトルはなんだか怖い感じがしますが。内容は純愛で心温まるストーリーです。

 

大好きな人が元気で暮らしてることって、それだけで素晴らしいことだなあと思わされます。

 

 

広告を非表示にする