好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

追い込まれたときには一旦休んで

職場の後輩くんが精神的に追い込まれています。

営業課題が0続きで上司やチームの同僚に日々詰められています。

 

仕事外での普通の会話でもしんどそうな話し方をするようになって、それが逆に「不貞腐れた態度をするな!」という認識をされてまた叱責される悪いループに陥っています。

 

去年の秋からずっとこんな調子が続いています。

ずっと怒られ続けてばかりなので、体調も悪そうです。

 

このあいだ、営業者の中で長時間サボっている現場を目撃してしまいました。

数字がいかないレッテルを払拭するには頑張って成果を残し、見返すしかないのですがもう足を動かす気力さえなさそうです。

 

これでは状況は好転しません。

 

こんなときは、仮病でもなんでもいいから休んだほうがいいと思います。

場合によっては休職するのでもいいでしょう。

追い込まれた状況で考えても目先のことにとらわれて、いい結果はなかなか出ません。

 

焦って日々を過ごすくらいなら、身体も頭も休めたほうがいいです。

ゆっくり休んで、冷静に物事を判断できるようになってからこれからのことを考えればいいのです。

 

僕も新卒1年目の年、仕事が嫌でたまらなくなって、ある出勤日の夕方仮病を使いました。

 

寒気と頭痛がある「ふり」

をしました。

 

1月という季節もあって、職場は「インフルエンザだったら大変だ!」となり、丸々一週間の有給をもらえました(笑)

 

1~2日だけ休むつもりが嬉しい誤算です。

冬の寒気と頭痛、おすすめします笑

 

これ以上仕事で人が病んでいく姿は見たくありません。

 

 

 

広告を非表示にする