読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

まこちゃん(仮)とデートしてきました 最終回

 また駅のお土産通りでまこちゃんを歩かせてしまったぼく。

最後バスの時間までクレープ屋で待つことに。

pigarusan.hatenablog.com

 

このクレープ屋での時間が一番リラックスして過ごせたかもしれません。

精神的に余裕ができた、というよりは疲れからだれていた。という表現が正しいです。

 

もうすぐバスの時間、というところで

 

ぼく「すぐそこだけど、バス停まで送ってくよ」

 

と言いバス停まで歩いていきます。

 

まこちゃん「一日中雲で暗かったけど、結局最後まで降らなくて良かったですね。」

 

なんて他愛もない話をしながら停留所につきます。

 

すでに帰りのバス乗り場には10人くらいの列が出来ていました。

まこちゃん「じゃあここから並ぶので、今日はありがとうございました!」

 

ぼく「今日は歩かせまくって本当に悪かった!疲れたっしょ?気をつけてな」

もう罪悪感ばかりでこんな言葉が出ました。

 

まこちゃん「私こそ、全然喋れなくて迷惑かけました・・・。あんまり人生でこういう経験無かったので・・・。気まずかったですよね?」

 

ぼく「いやいやそんなことないって!じゃあまたね!」

 

まさかの向こうからの謝罪がありました。

男として情けないですね。

 

それから2、3時間くらい経った頃に無事に着いたかLINEしました。

 

ぼく「おつかれさま!無事家に着いたかな?チョコ手作りやったんやね。うまかったよ。ありがとう!」

ぼく「今日はつき合ってくれてありがとう。
行き当たりばったりで悪かった、疲れたろう(´・ω・)
ゆっくり休んでけろね」

 

まこちゃん「お疲れ様です〜。
ちゃんと家着いてご飯も食べました笑
お口に合ったようでよかったです(。・ω・。)」

 

まこちゃん「こちらこそ今日はありがとうございました。何も計画立てないでぶらぶらするの好きなので全然大丈夫ですよ!公園とか美味しいお店も紹介してもらえたので満足です。」

 

まこちゃん「pigaruさんもゆっくり休んで明日のお仕事頑張ってください!」

 

f:id:pigarusan:20160216120050j:plain

 

気遣いのできる優しい子や・・・。

 

少し救われました。

次があるかはわかりませんが、ホワイトデーのお返しくらいは必ずしたいと思います。

 

デートなんて本当に久しぶりで、酷くグダグダにしてしまいましたが久々にどきどきした気持ちになることができた一日でした。

広告を非表示にする