好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

会社のいいなりになっちゃいけませんよ(´・ω・`)


f:id:pigarusan:20160128232054j:plain

心のどこかで「会社やめてもいいや」と思えるようになってから、職場で言いたいことがどんどん言えるようになりました。

その結果、働き方がちょっと穏やかになった気がします。

必要のない早出、残業を断る。
有給休暇を使う。
休憩の一時間は好きに過ごす。

僕の職場で上記の行動をするのは非常に勇気がいることです。
でも、本当は後ろめたさを感じる必要のない当たり前の権利です。

僕は入社して次の4月で3年目に入りますが、昨年まではこの当たり前のことができませんでした。

「結果出さなきゃ」という焦りから
休憩時間もなく動き回っていたし、有給申告したのは体調不良になった1日のみ。

グループの営業成績が振るわなければ言われるがままに早出残業。


まさに会社や上司の言いなりです。

それが昨年夏頃、理不尽な説教や顧客を大事にしない運営の発表、同期の多数の退職を目の当たりにしたことで

「こんなとこもう辞めてもいいや!」

という気持ちが固まりました。

そして
「どうせそのうち辞めるんだし、言いたいこと言って少しでも気持ちよく働けるようにしよう」
と決意しました。


野球(選抜高校野球)を観に行くから有給使います(´・ω・`)

休憩15分しか取れてないので、タイムカード調整して申告します(´・ω・`)

退勤前の打合わせ、全員揃うまで待つのが時間の無駄なので各々上司に確認して終わりませんか?(´・ω・`)

根性論のメール発信は書くのも読むのも時間の無駄なので業務連絡以外の発信はやめましょうよ(´・ω・`)


後で上司から個別に呼び出され口論になることも増えましたが、明らかに職場が変わっています。


正直に言い過ぎることで、「みんなの反感買うかな、」という不安もありました。

しかし、僕自身みんなの目が怖くて言えなかったことは、みんなも思っていることだったようで、賛同者も少なくありませんでした。
中途採用の同期の方で、全面的に味方してくれる人もいました。

結果、意見が通るものもあり、
僕以外の人からも、これまでのやり方の改善を求める声があがったり、


少しずつ働きやすい職場に変わりつつあります。


辞めると決めたことは変わりありませんが、これからは今までの勤務期間より落ち着いた気持ちで働けることは間違いありません。


みんなが思っていても、誰かが声にして発しないと負担は増えるばかり、制限やノルマが増えるばかり、
間違っていると思うことに関しては反発することも大事ですね。


「なんでも言うこと聞くわけじゃねえぞ!」という姿勢を示すことも時には必要です。
ブラック企業は、経営側だけの責任じゃなくて、言いなりになる社員にも責任があるのかも知れません。

広告を非表示にする