好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

「書く」ことで思考をまとめる

「思考は実現する」という言葉があります。作家のナポレオン・ヒルや数多くの成功者たちが同意している言葉です。

 

理想の生活を実現するためには、自分の思考を棚卸しすることが大事です。

自分は何に興味があるのか、

何が好きで何が嫌いか

時間があったら何をしたいか

何にお金を使いたいか

どういう人たちと知り合いたいか

 

自分のことをよく知っていないと、周りに流されます。

自分の人生ではなく、他人の人生を生きるはめになります。

 

他人に流され気ままに生きることもそれはそれで悪くないと思いますが、本当に自分が望んだものを手に入れられない人生になるおそれがあります。

 

 

自分の思考を吐き出すには、やはり書くことが効果的だと思います。

僕自身、ブログを作ってはじめて自分の考えていることに気付くことがしばしばあります。

 

「節約したい!」とは思っていても、それが我慢やストレスになるなら必要なくて、楽しく節約したいということ。

 

「今の職場が嫌いだ!」と思っていても、良い人間関係だったり安定して給料をくれる会社に実は感謝していたこと

 

自分の思考を深く掘り下げていくことは重要です。

旅行が好きな人が旅行代理店に就職して最初は「好きなことを仕事にできて幸せ!」

と思っていても、ノルマや規制が嫌になって辞めてしまうことはよくあるようです。

 

こういうのは旅行は好きでも「限られた予算の範囲と会社、上司の方向性にあったものを顧客に提案し、購入してもらう」ことは本当に好きなのか?

という「自分が本当にやりたいこと」を突き詰められていなかったことが原因です。

 

実現すれば自分が幸せと感じられるものを追求することがポイントですね。

 

書くといっても、いきなりブログを毎日更新したりWardを使って仰々しい文章を書く必要はありません。

 

携帯電話やメモ帳に興味のあることや、時間があったらしたいことを書きとめておくだけでも十分です。

自分の思考を書く事で、人生の時間をやりたいことに、有意義に使うことができます。

 

 

 僕が年明けに作った「今年やるべき100のリスト」にもそのような意味があります。「達成できるかどうか」ではなく、目的を持って時間を使う癖がつくからです。

 

pigarusan.hatenablog.com

 

ブログも含めて、この「書くこと」をどんどん増やしていく一年にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

参考にしています。