好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

もしも時間もお金も手にいれたら

f:id:pigarusan:20160121110016j:plain

僕は普段

「働き方を変えたい」

「好きなことをして生計を立てたい」

「好きなときに好きなだけ野球をやりたい、観たい」

 

と思っています。

そのために今節約だったり、何で収入を得ていくか、ということを考えて日々過ごしています。

 

ところで、もしも僕がお金も時間もじゅうぶんに手に入れたら、いったいどんな生活を送るのでしょうか。

現状、お金も時間も自由な生活に移行するのは程遠そうですが勝手にイメージしてみます。

 

 

とりあえず、毎日もうこれ以上寝られないくらい満足するまで寝てから起きて、一日をはじめたいですね。

 

実家を離れて他県に住むかもと思いきや、母校の試合が観たいから地元に残るでしょう。地元の少年野球の手伝いにも行きたいです。

 

車にはこだわりはありませんが、車中泊に憧れているのでミニバンが欲しいな、と思います。それにのって無計画で一ヶ月くらい旅してみたいですね。

 

あとは自分の好きなことで文章を書いて、調子にのって電子書籍なんかも出してみたいですね。

 

ニュージーランドにいって大自然の中で生活することにも憧れます。

 

今書いたことは、勇気さえ出せば割りと今すぐでも実現できないことはないですね。

 

 

ただ、ひとつ懸念なのはもしもこんな自由な生活を手に入れたら今より孤独感を感じてしまいそうだということです。

時間もお金も自由で何をしてもいいけど、友人たちは仕事に追われて、いつでも遊べるわけではない。

 

お互いの環境の違いに嫉妬したり、されたり、金銭感覚のズレなんかも生じてきそうです。

 

今の友達は、学生時代から同じような環境で過ごしてきてます。

就職はもちろんばらばらですが、収入や仕事の拘束時間も同じようなもの。

共感しあえるものがあるからこそうまく付き合えてるのかも知れない、と不安になることもあります。

 

せっかく頑張って経済的に開放されたのに、孤独になってしまったのでは寂しいです。

そんなことにはならないように頑張ります。

結婚相手も絶対にいい人と一緒になって、家族との時間は幸せを感じられるものにしたいです。

 

 

経済的自由人には憧れますが、その人にはその人の悩みがあるのかも知れません。

 

とりあえず、友人とはこれからも大事に付き合っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする