読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

自律の達人ジョー・ジラード

 現職が営業メインの仕事なので、1年目はセールスについての本を何冊も読みました。

その中で一番ためになったのが自動車販売のギネス記録保持者、ジョー・ジラードによる「営業の神様」です。

 

これは営業職の人だけでなく、真剣に自分を変えてみたい、どうしても達成したい目標がある。という人には絶対ためになる一冊です。

営業の神様

営業の神様

 

 

ジョー・ジラード氏は1928年デトロイトの下町で貧しいイタリア移民の家に生まれ、8歳から靴磨きを始め、9歳で新聞配達、次に皿洗い、ストーブ組立工、住宅建築業者など、40余りもの仕事を転々とします。

その後、35歳でシボレーの販売代理店でセールスマンの道に進みます。

そして、1966年以降1978年に引退するまでの12年間、連続してギネスブックの「世界No.1のセールスマン」に認定されています。

自動車を、1日最高18台。1ヵ月最高174台。1年最高1,425台。1日平均6台。15年間で通算13,001台の自動車(新車)を販売され、そして、今もその記録は破られていません。

 

ジラードが綴った内容の特徴は、いわゆる営業の実用書のようなテクニックではなく、日々の節制、自己管理を徹底させることにあると感じました。

 

毎晩退勤の後には翌日のスケジュールを完璧に設定し、翌朝目覚めたときから100%の状態で仕事ができるようにしていること、また同僚がおしゃべりやお茶タイムなど、勤務時間もダラダラしている中でも、そのストイックさを継続したこと。

 

若い頃にはみ出たお腹を知り合った医者に笑われたのち、運動と食生活で引き締まった体を作りあげたこと。またそれを現在も保ち続けていること。

 

顧客対応には細心の注意を払って、自分のポケットマネーから自腹を切ってでも満足させるよう努めたこと。

 

「意志が強い人」と言ってしまえば簡単ですが、良いと信じたことは徹底するかっこよさを持つ人物です。

彼のサクセスストーリーはセールス業界だけでなくどんな業界にいる人々の役にも立つでしょう。

広告を非表示にする