好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

「できるかも??」と思うコツ

去年の夏に仕事辞めて転職するまでの少しの間、気ままに過ごす時間が数ヵ月あって。


地元の小学生と夏休みに交流するようなNPOのイベントとか、
ブログ読んで連絡くれた人と会ったりとか、
時間あったから東京いる友達と飲みにいったら相席屋に行く流れになったりとか、



働かなくなったらちょっと寂しくなって気づいたら色んな人と会ってた(ヽ´Д`)


当時の彼女にも必要以上に連絡しててちょっと迷惑だったかも。笑


普段は新しい出会いとか求めるタイプじゃないんだけど。
気づいたら色んな人に会ってた。



そこで出会ったのは、

給料が安くてしんどそうにしてる人、
貧乏だけど自由気ままに楽しそうにしてる人、


人柄も仕事っぷりも世間的に評価されてて自信に満ちてる人、


一流企業に勤めてるけど死にそうな顔してる人、


ぼったくり風俗で14万円とられたけど能天気に毎日過ごしてる人、


自分に厳しいけど、人のこともけなしてばかりいる人、


自分には厳しいけど、人にはにこやかで柔らかく接してくれる人、


「努力してる人は助けなきゃないけど、努力しないやつは痛い目みなきゃいけない」っていってる人、


「努力なんてしないほうがいいよ、楽しいのが一番だよー」って人




本当に人って十人十色だなー、っと思ってただの無職期間なのに、結構楽しかった笑



それで、そんな人たちと会ってきて確信したのは



やっぱり目の前の現実は自分の価値観が産み出してるんだな~、


ってこと。



努力しなきゃ評価されない、
って思ってる人は、ちゃんと努力しないと誰にも褒められない現実になってるでしょうし。


適当なことやってても生きていける。
って思ってる人は、約束破っても、仕事適当にしてても楽しく生きてるでしょうし。


可愛くても「自分は取り柄がないから付き合えない」って言ってる女の子は彼氏いないし。


ブサイクでも彼女作ること大層に考えてない奴はいい彼女いるし。



用は自分の心から信じてること、当たり前だと思ってることがちゃーんと現実になってるんだなー、ってこと( ´ ▽ ` )ノ




ちなみに僕はこれまでの人生生きてて


・お金に困ることない
・なぜか年上に好かれる
・おばちゃんに好かれる
・抜けてる所を笑ってもらえる
・友達に自分を理解してもらえる
・少々出過ぎた真似しても許してもらえる



って思ってここまで来てるし、
ちゃんとそんな現実が起こってるように見えてる。


一方で

・凄く可愛いかったり、美人過ぎる子とは緊張しちゃってうまく行かない
・説明が下手で言いたいことちゃんと伝わらない時がある
・好きなことしかやらないから責任感が強い人とは馬が会わない


って思ってることはちゃんと現実になってる。


一時的にぶれることはあっても、結局は自分の自己評価してる現実に落ち着く。
面白いほど、人は自分が当たりまえだと思ってることが現実にあらわれてくれるから、


「人に馬鹿にされてる」と感じてる人は、自分が自分のこと馬鹿にしてるときでしょうし、
「尊敬されてる気がする」と思うときは、自分で自分が誇らしいときでしょう。



でも、じゃあ自分の当たり前に感じることしか実現しなかったら自分の願望は叶わないのか、
今思ってることが今後も続くのかと言ったらそういうわけではない!




ちゃーんと、自分の価値観とか、当たり前を変える方法はある。





それは






「自分の願望を既に叶えてる人」と一緒にいることだよ。






自分の願望を既に叶えてる人


とは


例えば自分が

「お金持ちになりたい」ならお金しっかり稼いでる人と一緒にいる。
「自分でビジネスをしたい」なら、もう実現してる人と一緒にいる。
「パートナーといい関係を築きたい」なら、家族や恋人と仲いい人と一緒にいる。



あたりまえのこと過ぎてごめん。

でも、こういう「あの人にとっては当たり前のことなんだろうけど、自分にとっちゃめっちゃ羨ましい!」っていう環境にいる人と長いこと一緒にいると、

だんだん自分も洗脳されてきて笑

「あれれ?やりたかったあれもこれも簡単にできそうじゃーん♪( ´ ▽ ` )ノ」

て思えてくるよ。



そんな可能思考になってくることと、あと単純にもう実現してる人ならノウハウも聞けるから、どう考えてもやりたいことに近づく。
そうすると、自分の「当たり前」が変わってくる。



間違っても、実現したいこと批判してくるような人にアドバイス求めたりしちゃだめやで(;゚Д゚)

底まで落ちても大丈夫に気づこう、

生きてるだけでお金どんどんなくなるから、歯をくいしばって働かなきゃやばい((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))



お金なくなったら誰かに助けてもらうか生活保護貰えば生けていけるから大丈夫( ´ ▽ ` )ノ






仕事でどんどん後輩が役職に就いてってるのに仕事できない俺だけ万年平社員。
なんとかして仕事できるようにならなきゃヤバイ((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))



会社は簡単にクビにできないし、俺は悪いことしてるわけじゃないから無能でも大丈夫。
いざとなったら転職でもバイトでも生きていけるし( ´ ▽ ` )ノ












40目前なのに結婚どころか交際相手もいなくてヤバイ、老後も不安((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))



一生独身でも、自分の時間いっぱいあるし友達にも会いやすいからなんだかんだ楽しくて大丈夫( ´ ▽ ` )ノ










人とうまく喋れなくていつも悪い印象持たれてしまう…、
もっと面白いこととか、うまい話が出来るようにならなきゃヤバイ((((;゜Д゜)))((((;゜Д゜)))




付き合うのが大変な人たちとつるむことない。
口下手な俺でも受け入れてくれる人と友達になれば大丈夫!ネットもあるし、いざとなったら人付き合いしなくても大丈夫だしな!( ´ ▽ ` )ノ














っていう。
「~をしなきゃヤバイ!」

ていう不安と焦りの状態のうちは。
人の期待とか責任に応えようとして辛い思いして、本当はやりたくもない「人がよしとしてること」を自分の「やりたいこと」と錯覚して精一杯頑張って疲弊する。
自分のマイナスなところばかり見えて、それをせめて0にしようと努力する。



「~でも大丈夫!」

って心理状態だと、したいことしかしなくなる。
マイナスから0に戻さなきゃないことなんて何もない。
足りないものは何もないから、単純にしたいことやれるし、別にしたくもないことはしない。


お金なくても大丈夫だけど、あったほうが楽しいから自分のできる範囲で稼ぐ。


恋人いなくても大丈夫だけど、あの人とといちゃついたら楽しそうだからアプローチする。
ついでに言うとフラれても大丈夫。



行儀悪いとか常識知らずって言われても大丈夫だけど、大事な友達に嫌な思いさせたくないから、食事のマナー覚える。



的な??




自分が気持ちいいことするには、「うまくできなくてもいいけど」ってのが本当に大事だと思うんです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



そうなれれば、後は最強。


苦痛な努力なんてしないし、
我慢なんてしないし、
行動するから自分の願望がどんどん叶ってく。


何人たりともあなたを不幸にすることなんてできやしない。


最強。




そもそも、人が普通に生きてれば。
何やってても褒められるし、けなされる。
嫌う人もいれば好いてくれる人もいる。
評価してくれるひともいれば、叩く輩もいる。


それを自分でコントロールできると思ってるのが間違いだと思うんすね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



過去と他人は変えられない、コントロールできないんで、良く思われようなんてことは諦めちゃいましょう。
そんで、さっさと楽しいことやりましょう。

大丈夫なんで。








これしか言ってない笑

「人生変えたい」「やりたいことやる」の裏の感情

「人の言うことを気にせずやりたいことやって生きる!」や「これから人生変えていく!」

という感情の裏側には、

「やりたいことやるのは大変なこと」
「人生変えるのは大掛かりで決心がいること」

という感情があったりします。


特に、聞いてもいないのにわざわざ人に公言する人なんてのは間違いなくこれでしょうね。


したいことする人生が楽しいんだとはなんとなく分かってるけど、その一方で超おびえている。


「人に悪く思われるかも」
「交遊関係が変わりそう」
「お金が不安定になるかも」


みたいなことにびくびくしながらも、周りに公言することで自分を奮い起たせて恐い道を模索していく状態。


「お、俺は自分の感情に従ってやりたいことするんだい…!( ゚Д゚;)」

「こ、怖くねーよΣ( ゚Д゚;)むしろわくわくしてるよ!」



「やりたいことやる」に慣れてない人は、「やりたいことやる」が高尚なものに思えるんだと思う。


「誰になんと言われても、反対されても、経済的に苦しくなっても、それでも俺はしたいことやって生きるんだ!」

っていう覚悟が必要な、イバラの道に見えるんだと思う。

そして、そのプレッシャーに苦しんで、やがて


「やっぱり人と同じことやって、やりたくない仕事や好きでもない人と付き合わなきゃいけなくても、定期的な収入と、束の間の趣味ができる時間があれば幸せなほうかもな。。。
それすらない人だっていっぱいいるし…」

って自分に言い聞かせて元の生活に戻っていく。



「好きなことする」
「やりたいことやる」

って、そんな大袈裟なものじゃないのにね。



好きなことやってる人は、
「俺好きなことやってるぜ」
「人生変えるぜ」
なんて言わないもんね。


だって、好きなことやって望み通りの人生を送るのが当たり前だから。


「俺、心臓動かしてるぜ」
「ご飯食ってるぜ」

なんて当たり前すぎて宣言する人いないもんね。


だからやりたいこと我慢して、言いたいこと言えないで生きてる人を見てはじめて。

「あ、俺やりたいことやって生きてたのか…( ゚Д゚)ふつーじゃなかったのか…。」

「我慢して、やりたくないことやってる人もいるのか。俺、幸せだったのかも?( ゚Д゚)」

って自覚するんだと思う。



じゃあこれまでやりたいことやってこなかった人は、もうその道を歩めないのかと言ったらそんなことはなくて。


一個ずつ、小さなことでも自分のしたいことを素直にこなしていくことだと思う。


起業するとか、脱サラするんじゃなくて、今の嫌な仕事を極力断る。

高級エステに行けなくてもスーパー銭湯でまったり過ごす。

北海道のズワイガニ食べ放題行けなくてもコンビニの香り箱おにぎり三個買って食うとか。


その積み重ねがやりたいことを実現する慣れに繋がって。
気づけば無理に意気込まなくても、やりたいことやってた、

ってところに到達できる。

時間をお金に換えると言うこと

現在IT系企業の案件先の出向いてから業務の傍らに国家資格試験の勉強を行っています。

来週が受験日です。まあそんなに難易度の高いものではないんですけどね。

 

◆興味のあることの勉強は楽しい◆

案件先の業務の合間に、資格試験対策の講座が組まれています。

お金もらって勉強させてもらえてるのは本当にありがたいことだなと思ってます。

ところが、同じ現場にいるメンバーの取り組み方は3者3様です。

 

 

①予習復習を欠かさないで講座中もしっかり聞いてる人

②講座中だけは真面目に勉強してる人

③とりあえず話だけはちゃんと聞いてる人

④半分寝てたり携帯いじってて落ちてもいいや、って思ってそうな人

⑤そもそも受かる気がない人

 

割合的には①が1割、②、③で3割。

④、⑤が6割程度でしょうか。あまり資格や知識自体に興味がない人が多いのでしょう。

 

確かに資格がなくても当面は現場保証がされてますし、それが終われば自社に戻ればいいだけなので特に取得へのプレッシャーをかけられてるわけではありません。

 

まあ人のキャリアというか、その人の仕事への姿勢なので特に不満や評価を下すわけではありません。

ただ単純に今の業務や知識に興味がない人が多いんだな、と思います。

 

僕は自分で志望して今の世界に入ってきたので、その講座の時間を使って。

まるでタダ飯を貪るかの如く勉強しちゃいます。

 

むしろ講師の方の話を聞かずにテキストを勝手に進めている感じです。

学校と違って、興味のあることの学習は楽しいです。

 


◆なりふり構わなくなってからが楽しいのに◆

④、⑤の6割の人は今やってることが楽しくないんでしょうね。

僕だって興味のないことに対して自発的に勉強なんてできません。

 

特にやりたくないことに関してはどうしても

「最低限でいいや」

「怒られない程度にしとこう」

「言われるようにやっとこう」

「なんなら怒られたっていいや、興味ないし」

 

って思っちゃいます。それが普通だと思います。

「一定の結果を残そう」とか、目標も持てるわけがないでしょう。

それ以上向上することに興味がないし、当然ですが。

 

 

この働き方は寂しいな。と思っちゃいます。

 

つまらないことしてると、時間が早く過ぎてくれるのを待つだけの毎日になっちゃいます。

なるべく辛さを感じないように生きて、給料日を待ち望む。

そんな生活は悲しすぎて僕は嫌です。

 

やりたいことやろうと決めると、そのためには手段を選ばなくなるんですよね。

 

多少恥かいてもいい、だってやりたいんだもん。

お金かかってもいい、だってやりたいんだもん。

アホだと思われてもいい、だってやりたいんだもん。

 

実際に最短で目標に到達できるかはともかく。

なりふり構わなくなると、達成に近づくと思いますし、楽しくなってきます。

 

興味ないことやってると、超なりふりかまいますもん。

 

無意識に

「こんなもんに金払いたくねー」

「わざわざ人にアドバイス求めるのも面倒だし、そのままにしとこ」

「必死になるのもカッコ悪いからできなくてもいいや」

 

って思うようになりますもん。

 

残りの人生の時間は有限なんですから、

一日8時間くらいの時間をつまらんことに充てるような余裕は僕にはありません。

 

ズルしてでもやりたいことやるくらいのほうが、結果的に周りの評価も自分の成功も得られると思います。

 

もうすぐ副業解禁の世の中になりますが、副業やりたい人は例え禁止されててもなんとかやれる方法を探してしてるでしょうからね。

「これまでしたくても禁止されてたけど、このたび解禁になったんでやりまーす♪」

って人はほぼいないと思われます。

 

 

せっかく何かするならならお金もらえて、好きな人と会えて、スキルも得られてしかも楽しい。

って全部あったほうがいいに決まってます。

 

まじでやりがいも待遇も人間関係も良くないのに毎日なんとか苦痛な思いして仕事をこなすだけみたいな人がいたら生き方を変えたほうが結果的にすべてが良くなると思います。

 

やりたくないことやってたら歳だけ取ってた、ということだけにはならないように気を付けます。

1日1食生活が気になっている。

現在食料は週に一度まとめ買いで、一週間で3000円いかないくらいの感じです。
作りすぎてももったいなくて、だいぶ少食になったかも知れません。


現在の仕事の案件先へ通勤往復四時間かけているので家に帰ってからもゆっくり作っている時間がないです。
それでも健康と食い意地のために3食わりとしっかり食べています。



◆1日1食という新しい健康法◆
先日、スマホで一人暮らしの食生活についてのライフハックを読んでいました。
1日の食事を1食もしくは2食に変えたところ体調が凄く良くなったという例がいくつもあるようです。

「一日一食」のメリットと健康効果|三食生活をやめたら人生変わります -ミラクリ


科学的根拠のほどは定かではありませんが、
以下のような効果を体験した方が多いようです。


・午前中から眠くならずに仕事に集中できる
・肌が綺麗になった
・細かった頭髪が太くなった
・寝起きが良くなった
・体重が適正になった
・全体的に若返った気がする
・疲れにくくなった



食べたものを消化するのも内臓の負担になっているそうですから、食べ過ぎが健康に良くないのは分かります。

そもそも日本で1日3食が唱えられるようになったのは歴史的には最近のことのようです。
専門家が従来の日本の1日2食では栄養が足りないと言い出したとか、
トースターを売るための企業の謳い文句だったって話もあります。


どれが正解なのかは分かりませんが、一番大事なのはそれによって体調がどうなるかですよね。
いくら流行の健康法があっても自分の体にマッチしなければ害にしかなりません。

一日一食にした場合に僕が心配なのは、
栄養不足や貧血気味でふらふらしないか、
風邪ひきやすくならないか、
リバウンドで凄い太ったりしないか、

というあたりです。

今は朝昼夜の3食のみで間食もしないので、ご飯にありついた時にはいい感じに空腹を感じています。
果たしてこれを崩したときに体調がどうなるか、、、、
ただ、少食になって調子がいいのも事実です。
pigarusan.hatenablog.com
てか、だいぶ前にこんな記事も書いてたのに・・・。


◆まずは一日2.5食に。ココア作戦◆
これまでお腹いっぱい食べなきゃ気が済まないたちでしたので、いきなり食生活を変えるのも良くない気がします。
なので、一日の中でどこか一食をミルクココアで代用してみます。
ココアなら牛乳も色んな栄養素も取れて胃にもやさしそうだしええやろ。
食事を減らす実験というか、これは内臓の負担を和らげる実験ですね。

このココアをどこの食事に代用するか考えたら、昼は凄くお腹減るし。
寝るときに人間の体はリカバリーされるので就寝前の栄養は大切。
ということで消去法で朝食ココアにしたいと思います。

ほんとは夜にするか迷いました。
夜に食べると睡眠の妨げになるとか、太るとかいいますが適量の栄養は体の回復に必要だと思ったので。

しばらくこれで様子を見たいと思います!

関東2週間目

関東に越してきてから2週間が経つところです。
車社会の地元に比べて移動手段にストレスを感じています。
満員電車大嫌いじゃ。


さて、未経験でITの分野に飛び込んだ僕ですが入社してさっそく営業さんが面談を組んでくれました。


入社して三日目の出来事です。
「いやいや、まだなんの知識もねえよ!慌てん坊のサンタクロースか!Σ( ゚Д゚)」

と思いましたが、相手方の企業で未経験でも通信系の国家試験の講座や業務前の研修を受けてから参画する親切な案件だったのでマッチングさせてもらいました。

営業さんいわく「業務前に勉強会組んでくれるとこなんてめったにない。資格の受験料まで負担してくれるといってる。pigaruは運がいい。」

ということでした。
この業界に入ったばかりなのでよく分かりませんが、なんかラッキーだったんだなということは理解しました。


なので今週までは座学です。
なんだか学生時代に戻った気分です。
ガリガリ机にかじりついております。


ちなみ僕がやりたいのはプログラミングなので、今回はお得だから受けたけど。
この案件が終わったらテスターの案件をバシバシ入れてくれと営業さんにお願いしました。


今は現場への通勤時間だけやたらかかるとこだけはネックですが、睡眠時間と食事はしっかり確保していくつもりです。

腹筋を鍛えたら堂々と振る舞えるようになった気がする。

先週からフィットネスジムに通っています。

 

pigarusan.hatenablog.com

 

本当は最寄り駅よりも10分くらい長く歩く駅にあるので多少通うのが大変です。(最寄り駅は歩いて15分)

近いうちに自転車を手に入れて解決するつもりです。

 

仕事帰りにシャワーを浴びるのが主な目的ですが、よっぽど時間に追われていなければちょっとだけマシンを使って鍛えています。がっつりトレーニングをするのは休日。

 

ジムで主にやってること

 

入館してから

①ストレッチ

②クランチ(腹筋)

③背筋

③ベンチプレス※時間があれば

④股関節を中心にストレッチ

⑤シャワー

 

って感じです。

ストレッチしてると日に日に柔らかく、可動域が広がっていくのでお勧めです。

身体が柔らかくなると疲れにくくなりますし、特に股関節周辺をストレッチすると血行もよくなります。

腹筋は「もうマシン動かせない・・・限界」ってとこまでやってきます。アスリートなら当然か。。。

 

 

腹に力が入ると自信がついた気になる

 

一人暮らしがはじまってからあまり間食をしないようになり、ちょっと痩せました。

身体もちょっと締まりましたがそれでもお腹回りは柔らかい感じで腹筋も割れていませんでした。

今もけしてバキバキではありませんが、脂肪も減るにつれうっすらと腹筋が浮き出てきたところです。

 

実感として、腹筋背筋がついてくるとなんとなく堂々と振る舞えるようになった気がします。

「筋肉がついて気が大きくなった」というよりは、姿勢が良くなった(気がする)、意識しなくてもはっきりした声を出せるようになった(気がする)という感じです。

どちらも簡単にお腹に力が入るようになったからだと思います。

 

毎日筋肉痛は残っていますが、心地いい感じです。

これからも可能な限りでトレーニングは続けていこうと思っています。

 

なにか体にコンプレックスがあったり、なんとなくおどおどしてしまう人には特にトレーニングはおすすめな気がします。