好きなものをちゃんと愛するブログ

25歳男。エンジニアとして再就職。自分が機嫌良く生きていくことがテーマ。

開発経験なしのインフラエンジニアがrails tutrialでTwitter的なSNSを作ってみます。

僕は今プログラミング言語Rubyを勉強しています。

プログラミング言語っていっぱいあるし、新しいものもどんどん出てきてるんですよ。


どの言語を扱えるかで参画できるプロジェクトも変わってきます。
今のところもっともメジャーなのはJavaでしょうか。
初学者でも習得しやすいPHPなんかも仕事が豊富にあります。


◆なぜ今Rubyなのか◆

僕は大学の授業でVBをやっていました。
が、別にガチガチの情報系の学科ではありませんでしたからほんとに軽く触れる程度。

progateの無料で学習できる知識よりも劣ります。
ただ、その時に学んだif文とか配列という概念はなんとなく覚えていたので、プログラミングに対してアレルギーを感じずに済んだのは良かったと思います。
とても「プログラミングやってました」なんて言えるほどのものではないのですがね。

言語の世界にも全然明るくなかったのですが、Rubyを選んだ理由は結構単純です。


①初心者で日本人の自分にも理解しやすいと思ったから。

フレームワークRuby on railsがしばらく廃れることはないと思ったから。

③参画する案件の単価が高いから


①ですがこれはruby自体が日本人によって作られたものであり、コンセプトとして「プログラミングを楽しく書くため」とされているからです。
他の言語を勉強していくとわかるのですが、コードの記述のあとに「;」をつけないとエラーが出るとか、同じ命令をするために何度も同じコードは書かなければいけない場面が出てくるものもあります。
そういったプログラミングに対するめんどくささを排除してできるだけ快適に書けるように工夫された言語がrubyです。


②プログラミングする際にはフレームワークというものを利用します。
プログラミングを便利に行うためのツールとでも思っていただければいいのですが、なにかサービスを作る際には1から10まで人の手によってコードを打ち込まなければいけないのではなく、よく使う処理だったり一般的なwebサービスに附属する機能を定型文的に使用するツールを使うことができるのです。
これがフレームワークです。
例えばログイン機能とかを全部自分で作らなくても素早く実装することができます。

ruby on railsではこの機能が先進的で、これから言語としてRubyのシェアが高くなるかどうかは僕には断言できませんが。そうなることが予想されていますし、railsフレームワークの考え方はメジャーなものになり、廃れていくことはないだろうと言われています。

学習難易度としてはPHPのほうが習得速度は速いと言われているのですが、PHPの場合。このフレームワークが異常なほど多すぎて、将来どれが主流で使われるのか予測が難しい部分があります。
現在WEBサイトの案件の中で一番多く使われているのはPHPなんですがね。

その点だと、Rubyで開発する場合のフレームワークruby on rails一択なので分かりやすいです。


③習得がお手軽な割りには参画案件の単価が高いのです。
悪質な会社を除いて現在Rubyエンジニアの月最低単価は50万円といわれています。これは半年~1年程度の実務経験の初心者の額です。
これは主流のJavaPHPに引けを取りません。
習得難易度の高いC言語よりも上なんですよ。


学習コストが少なくてリターンの高い言語を選ぶのは僕にとっては当然の選択なわけです。



ruby on rails tutrialを利用してTwitter的なSNSを作ってみます◆


プログラミングは今学習サイトが充実していて、カリキュラムにのっとって一通りやればなんとなくわかったような気になるのですが。
ものを作れるようになってようやくスタートラインです。
実践で使えなければ意味がないので。

ここがプログラミング初学者がつまづくところなんですね。
開発環境を自分で整えて(それすらも簡単にできる良い時代になりましたが)、フレームワークを使いこなせて、開発の手法を知る。
ここまでできてようやく「プログラミングを学んだ」と言えると思います。

今は無料でゼロからサービスをウェブに公開するところまでを指南してくれる「ruby on rails tutrial」というサイト(電子書籍も)があります。
これができれば限りなく実務レベルに近づける力が身につくと言われています。



railstutorial.jp



これから僕はこれを使って、Twitterを模倣したSNSサービスを作ってみようと思います。
正直ぱっと見で吐きそうなくらいムズイです。

僕のググり力、書籍の力、有識者の人の力を借りてなんとかこれを乗り越えていきたいと思います。

「大丈夫だ」って言うことを仕事にしていこうと思う

誰にお金もらえるってわけでもないけど。

これからは「大丈夫だよ」って口に出すことを仕事にしていこうと思ってます笑

だって、大丈夫じゃなかったことを経験した記憶がないから。

 


f:id:pigarusan:20170813220551j:image

 

 

◆ヤバいことなんて何もない◆

僕はこれまで生きていて大丈夫じゃなかった経験をしたことが一度もありません。

「ヤバい」と心配したことはいっぱいあったけど。

 

勉強なんて全然できなかったけど、普通に進学して就職できたし。最初に就職した会社を三年も持たずにやめたけど、すぐ転職出来てお金に困らなかったし

 

親密だった友達と激しく喧嘩しても大丈夫だったし、昔好きだったこに振られて立ち直れないと思ったこともあったけど全然なんてことなかったし。

 

じいちゃん大好きだったから、数年前死んだときにほんと悲しくて、これから明るく生きていける自信なくなったけど、せいぜい一か月もすれば悲しむことにも飽きたし。

 

「人生死ぬこと以外かすり傷」って言葉があるけど、ほんとその通りだと思った。

むしろ、自分の意思で思いっきり生きたなら別に死んでも大丈夫だな、って今なら思う。

いや、死にたくはないけどw

 

 

ほんと、大丈夫じゃないことなんてないなー、ていうのが今まで生きてきた人生観の集大成。

 

もう、人のことを見てても「大変だなー」って思うことはあっても「終わってんなー」て思うことはないもんね。

「大変そうに見えるけどきっと大丈夫なんだろうなー」としか思わない。

 

清原だって大変なことになってるけど大丈夫なんだろうなー、って思うし。本人も数年後「あのとき人生終わったと思ったけど結局大丈夫だったなー」て思い返すんだろうなと思う。

 

狩野英孝もきっと将来大丈夫だったなー、て思うんだろうなー。

 

 

過去を振り返ると、

あのとき大丈夫だって分かってたらもっと違うことしたな、って思うことがいっぱいある。

 

恥ずかしくても大丈夫ってことに気付いてれば、好かれてるかどうかわからない相手に好きだー、て言ってたと思うし。

 

お金は意味あることに使わなくても大丈夫って気付いていれば、大学時代になんの社会的意義もない野球観戦の旅に数10万円注ぎ込んで学校の授業さぼって旅立ってたと思うし。

 

別に卒業してすぐに働かなくても大丈夫って気付いていれば、貰ってる内定蹴って就職浪人してたと思う。

 

んで、そのときの大丈夫じゃないから、って理由で選択したときよりも。絶対に幸せだったと思う。

 

 

そういうことに気付いたから、これからは人に大丈夫だー、っていうことを仕事にしていきたいと思いました(^_^)/笑

 

自営業ww

 

 

 

 

 

「努力が足りない」は思考停止した人の言葉

人の失敗や結果が出なかったことに対して「取り組みが良くない」「努力が足りない」の一言で片付ける人とは付き合っていきたくないです。



なぜならドMの世界に引きずり込まれるから。


そういう人はただ、ひたすら愚直に頑張れば、努力すれば物事はいい方向に向かうと思ってるし。それをしない人間は糞だ、くらいに思ってる可能性が高いです。
完全に思考停止。



f:id:pigarusan:20170802201134j:plain




◆努力至上主義は死のスパイラルを生み出す◆

そういう人たちは自分を厳しく律して、苦しみに耐えて努力することが人生を切り拓く唯一の道だと信じて疑わないので。
自分にも厳しい反面、なんの関係もない他人にもストイックに生きることを求めます。


「みんな大変なんだから」「あいつは努力してる」「俺はここまでやってきた」「そんなんじゃ甘い」「そんなの言い訳だ」

みたいな言葉が好きです。


仕事だと長時間残業と責任のある仕事を任せられることが大好き。


彼らは


貧乏→努力が足りない
仕事でミスをした→努力が足りない
遅刻した→努力が足りない
恋人がいない→努力が足りない
マイペース→努力が足りない
低学歴→努力が足りない
部屋が汚い→努力が足りない
太ってるorガリガリ→努力が足りない


まさにワンストップソリューション。
理想的でない現実はとりあえず努力が足りないのです(˙-˙)
単純明快



◆問題解決の方法が「努力する」だけになると危険◆


別に彼らがそんなドMの世界で生きていきたいのなら人の人生なのでそれはそれでいいと思います。
ただ、僕は極力関わりたくはないです。

僕が大抵の問題は筋トレで解決すると思っているのと同じように、すべての問題は努力で解決できるらしいのです。



ただ、これには物凄い弊害があると思うのです。

①より簡単な選択肢を選べなくなる

問題解決の手法が努力だけになると、他の解決方法を探す意識がなくなります。
例えばですが、今だとほとんどの事務仕事がITで自動化できたりします。
にも関わらず、手作業で死ぬほど働かせるようなもんです。
楽=悪なので、便利なツールを使うなんてとんでもない。
俺らの時代はもっと過酷だった、
東京から大阪まで新幹線使わず歩いて行け、的な。

②自己鍛錬が人生の目的じゃない人と価値が合わなくなる

彼らにとっては信じられないのかも知れませんが、人類みんなが自分を高めること、成長することに重きを置いて生きてるわけではありません。


なるべく楽に生活したい、楽しいことに時間を使いたいと思ってる僕みたいな人もいるはずですから。
お互いにウマがあうはずもありません。


干渉しないか、逃げるのが一番

別にそのような生き方してる人が嫌いとかではありません。
ストイックな人生を送れるのはある意味かっこいいと思います。
ただ、それを他人に押し付けようとしてきたときにはその人を敵だと認識します。

自分に厳しくするのは結構だけど、人にも同じものを求めないでね。と。

そこをわきまえてる人に関しては何も不快感を覚えませんが。
歳上なだけで限度を越えた命令をしてくるとか、仕事だからと職務を越えたコミットを求めてくるような人は、無視するか、その場から逃げましょう。




それが自分を守るということですよ。

初心者エンジニアが開発に移るために越えるべき壁

f:id:pigarusan:20170730215214j:plain

pigaruです。
エンジニアに転職して無事に半年を越えました。


今僕は開発エンジニアとしてフリーで働くために日々過ごしています。


今やってる業務はサーバーやネットワークの監視なんかの、いわゆるインフラ系のお仕事をしています。


全く業界に興味がない人にはわかりづらいと思いますが、エンジニアにも色々種類があって。

アプリやサービスを作る開発エンジニア、
一般のPC操作から、開発エンジニアが作ったサービス等が問題なく動作するのをサポート、運用するインフラエンジニア、

他にもデザイナーやセキュリティに強いエンジニアなど、一口にエンジニアと言っても様々な種類があるんですよ。


それで、今回は僕が開発エンジニアを目指していることと。
それについて越えなければいけない壁のお話をしたいと思います。
若干僕の主観も入っていますのでご注意を。



◆インフラ案件は体力勝負

これは案件によるとも思います。
ネットワーク、サーバの扱いって非常にシビアです。
365日24時間正常に動かさなければいけないものなので、運用保守をするエンジニアさんが必要なんですよ。
そうすると夜勤だったり、休日でも大きなトラブルに遭遇すれば対応する必要があったりします。
僕はそこまでの権限を持った働き方はしたくないと考えているのですが。

加えて夜勤も大嫌いです。
健康的な生き方がしたい僕にとっては夜勤は大敵です。
明らかに体に良くないのがわかります。

開発業務であれば残業はあっても、夜中勤務前提の業務は少ないはず。
そもそも正社員として働くことを前提としてないので夜勤を断れるポジションに居座るつもりです。


◆いずれは関東から離れたい◆
今はエンジニアといえども、リモートワーク案件なんてごくわずか。
特にインフラ案件でリモート勤務となるとかなり難易度が高くなるんですよ。
目の前にある機器を監視したり、作業したりするのがほとんどなわけですから。

常駐先に週5日通って働くのが当たり前ですが、開発のスキルがある場合、将来的にリモートで地元の田舎に帰って働くことも不可能ではありません。
リモートでの開発案件の他、自作のアプリやサービスで収益を得ることができれば好きなところに住んで稼げますからね。

今は関東暮らしに凄く不満を感じてるんですよ。
車も乗りづらいし、人が多いし、暑い。
好きな人は好きなんでしょうが、僕には楽しみ辛いところです。


◆インフラ→開発に移行するにあたっての壁◆

ここまでは僕は開発を希望する理由につ
いて、ここからは開発エンジニアになるにあたっての壁です。
これがいくつかあります。


〇実務レベルのプログラミングスキル、フレームワークを身に着けるのが大変

初学者がITの世界に入る場合、現場に入りやすいのはインフラの世界なんですよね。
やってる作業が一般のPC操作の延長にあったり、ミスが許されない作業なため手順書がしっかりしていたりして慎重に作業していれば技能を身に着けやすいんです。比較的。
だから未経験者でも現場で育てやすいから採用もされやすいわけ。
しかし、開発となると即戦力が求められるのです。
全くの素人だと作業が理解できないし、仕事にならない。

だから資格なんかも大して役に立たず、そのかわり実務経験が凄く力を持ちます。
独学で学んでも、それで仕事した経験がなければ素人と同じレベルだとみなされてしまうんです。
今はプログラミングスクールなんかが流行っていますが、あれも実務レベルで言えば大したスキルは付きません。


「progateやドットインストールで有料コースやり終えたから基礎的な力はついたはず」というのは危ない考えです。
現役プログラマからすると、あれを100回やっても現場では役に立たないそうです。


念のため伝えておきますがインフラ案件が簡単といってるわけではありませんよ。
インフラのほうがミスが許されないし、一つの間違った作業が与えるダメージはめちゃくちゃデカいです。

◆ではどうするか?◆
現状開発案件に移るためにやっているのはポートフォリオ(作品集)の作成です。
クオリティは糞でもちゃんと機能するアプリやサービスを作ってアピールするのです。
今はrubyフレームワークruby on railsを使って高校野球ファンのためのSNSを作ろうと模索中です。


これで、新人を育成する余裕のあるような現場に潜り込みます。


ちなみに一度開発の現場に入ってさえしまえば、それ以降仕事に困るようなことはありません。

その気がなくとも会社の辞め方は知っておこう。

1つの会社でずっと働いてきた人にとっては、職を変えること、会社を辞めることが極端に怖く感じるそうです。


会社を辞めることで、一生を棒に振るような恐怖を覚えるようです。

そんな感覚で毎日仕事をするのは相当辛かろうなと想像できます。

今回は会社辞めるなんてそんなに大したことないよ、ということを伝えたいです。



f:id:pigarusan:20170630190636j:plain



そんなにいばらの道でもないし、逆にそんなにキラキラしたものでもないのです。


◆心配なのはお金と将来◆
そもそも会社を辞めると何が怖いのか?
を考えてみるといいと思います。
悩みは恐怖は明確にすると小さくなりますし、逆に曖昧にしてると大きくなります。

大体の人は次の安定収入にありつくまでのお金に対しての心配が大きいのではないでしょうか??
次いで、自分はどの職業ならやってけるのかという定まらない将来像への不安。てところですかね。



◆自分に必要なお金を理解する◆
「お金に不安がある!」と分かったら、一体自分はいくらあれば生活できるのかを理解しましょう。

最悪、健康に生きてくだけなら10万もあれば余裕です。一人暮らしでも。

保険とか、車とか手放せるものをは全部手放します。
会社を辞める前にそこそこの貯金が作れるとベターです。
僕は実家暮らしだったのもあって2年半で無理せずとも200万貯まりました


◆再現性のある稼ぎ方を考える◆
会社を辞めたくなっても、明確な次のステップが決まってなかったら安易に転職するのはおすすめしません。
僕はそれをしてしまってちょっと苦労しました。

このときにもう迷いなくやることが決まってる人はいいのですが、「今の仕事は辞めたいけど、自分がなにやりたいのか分からない…」て人も多いと思います。

安易に自分でも通用しそうだから、という理由で適当に内定もらった会社に入るのは危険です。
結局また「身を粉にして働かなきゃ評価されない」世界に逆戻りです。

ではどうすればいいか??
それは
確実によそでも通用するスキルを身に付けること
です。

「今の会社を辞めたらヤバい(ヽ゚д゚)」という意識があることで心身が蝕まれていくわけですから。
「別によそに行ってもやってけるし<(`^´)>」
という精神状態になることが重要です。

もう一度時間を切り売りするのと引き換えに給料をもらう働きかたから、自分の技術や実力にお金を払ってもらえる存在になりましょう。


◆強いてやりたいことがない人ほどITスキルをつけたら良いと思ってる◆
ITに興味がある人はもちろんですが、そうでない人でもITスキルを身に付けることはおすすめします。
これは自分が業界にいるから、というだけではないです。

本当にサラリーマン生活から解放されたかったら、起業するなり、サイドビジネスを育てる必要があるわけですが、

それを形にするにも下積みの時間は必要ですし、ある程度お金をつぎ込んで投資するケースも出てくるだろうからです。

嫌な仕事を辞めて、やりたい仕事で裕福に暮らす生き方へシフトしていくにしても、どうせならその移行期間もお金に困りたくないじゃないですか。
ブログとか物販で稼ぐのもいいけど、あれこそ継続がものをいう分野なので短期間で食っていくところまで持っていくのはちょっと骨なわけです。


それを考えると、ITスキルは学習難易度が低い上に見返りは大きいという手っ取り早く稼ぐためには取っつきやすい分野なんですよ。

その過程で高めたITリテラシーやwebデザインの知識が副業に役立つことも容易に想像できます。


1、2年実務経験積めば月収50万くらいなら安定して得られるエンジニアになれるので 、生活を安定させながら失敗しても痛くない副業を育てるわけです。


億万長者になる夢がある人には向かないかも知れませんが、こんな収入の得方はなかなか地についていると思います。


◆さいごに:会社に情けをかけすぎない◆
「辞めたくてもなかなか簡単には行かない」て人もいますが、そんなのは嘘です。
収入のめどさえ立つならあとは超簡単です。

ここからは、するべきことは「ちゃんと伝えること」 だけです。
管轄する役職の人に「何月何日を最終出勤日にして辞めます」
と伝えるだけ。
その際、有給があるならどういう計画で消化していくのかを話すのもいいでしょう。

これで辞められるのに、優しい人ほど引き止めの言葉に言いくるめられたり、必要以上に責任を感じて会社に貢献しようという意識があって決断がぶれます。


仲良かった人もいるし、繁忙期に辞めるのは避けてあげよう。くらいならまだいいですが、「やっぱりもともと人が少ないからもう少しいてくれ」と言われる可能性もあります。


もうこれからのライフスタイルが決まっていて、予定通り進まないと困るというスタンスで意見を通す必要があります。


だってせいぜい1ヶ月も前に申告していれば法的にも何の問題もないんですから。

自分のことを大切に扱ってくれなかっのに、辞めるときはこちらが綿密な配慮をしなきゃいけないなんておかしな話です。


不要な情けは掛けすぎないようにしましょう。

上達する中毒性を味わう

何かを成し遂げたいと思ったとき、意志の強さと自律心だけでなんとかしようとするのはイケてないです。

根性論だけでイヤイヤやっていると、成果をあげるためにもっとも重要な「続けること」が難しくなってしまうからです。



f:id:pigarusan:20170622124256j:plain


◆大切なのは成長を実感できること◆

例えば、「資格を取ろう」と思ったときに、ただ毎日がむしゃらに勉強するだけでは辛くて仕方ないと思います。
自分が考えていた進捗よりも遅かったり、なかなか理解できずにつまづくポイントにぶつかってしまったら焦りとイライラも募ることでしょう。

だからこそ、途中段階でも取り組む前の自分より成長していると実感することが大切なんです。
問題集の初歩段階のページを楽勝に解いてみたり、その知識を学び始めようとしている人に理解した部分を説明してみたり。もいいと思います。

そうすると、「案外俺イケてんじゃん」と以前より上達した自分を実感することができます。
それが上級者から見たらショボくたっていいんです。
勘違いでいいんです。
大事なのは自分が気持ち良く取り組むことですからね。

ちょっとしたことですけど、これって結構デカイんです。

小さくても「前より前進してる」ことを実感できれば、その喜びが中毒となってますます頑張っちゃうぞー、てなるわけです。


そもそもわくわく楽しめないことを目標に立てても幸せになれない◆
それでも、自分が全く興味が持てないことに関しては上達の感動すら味わえない場合があります。
料理とか栄養のことなんて興味ないのに節約のために自炊するとか、
別にしたくないけど仕事のために勉強するとか、


ほんとはしたくないけど、生活のために、保身のために何かをしようとすると苦痛が発生します。
成長する嬉しさよりもしんどいのが先に来る場合があります。

この記事では述べませんが、その場合はそもそもなんで自分は嫌なことをしないと生活できなくなっているかを考えないといけません。




◆成長する喜びを味わいたいなら筋トレするといい◆
結局これかと思われるかも知れませんが、自分の成長を実感して生きる生活を送るなら筋トレおすすめです。
健康になる、見た目が良くなる、前まで上がらなかった重量が上げられるようになるなど分かりやすく成長が実感できます。
これが物凄く中毒性があるんですよね。
成長が面白くて、ほんとはトレーニングしたら休養日を設けなきゃいけないんですが、次のトレーニングの日が待ち遠しくてしょうがなくなります。

筋肉と努力は裏切らない。
我は筋肉系エンジニア。


ちょっとふざけましたが、継続するためにはやっぱり成長がわかる何かを認識することが大事です。

「すぐやる」は役に立つ

「すぐやる」習慣をつけるだけで、生活はいきなりシンプルに、楽になります。



f:id:pigarusan:20170621080004j:plain


やらなきゃないことがあったときに、すぐに動くかどうかで人からの信用度は大きく左右されます。

責任感があっても行動が遅ければ、周りからはその人は「信頼に欠ける」と思われるでしょうし。


逆にすぐに行動に移す人は中身がどうであろうが「アイツは案外しっかりしてる」という印象を与えることができます(;・_・)ナントッ


あくまで人に与えるイメージのことですね。


ですので、人から頼まれたもの。
任されたことについては期限がまだあるからと後回しにせず、瞬殺で終わらせてしまったほうが圧倒的にいいです。


こういう「早くやるクセ」をつけると何がいいかって、相手にとってありがたいということもありますが。
自分の頭の中に「やらなきゃないことが増えない」ということがポイントかなと思います。


やらなきゃないことが出来た瞬間に片付けていくので、後々まで覚えておく必要がないんです。

後回しにしておくと「何をどうするんだっけ??」ということを覚えておく必要があったり、依頼された人に確認する必要が出てきたりします。
まじで、だるいです。


夏休みの宿題とか、提出物とかいっつもギリギリまでやらない人もいますが、悪いけどそういう人のことは理解できませんでした…
だってどう考えても先にやってたほうが楽じゃない??(´ε`;)
書く内容とか注意点されたこととか覚えてるの??

という感じ…


どうせやるんなら、早く終わらせちゃって楽に印象良くしましょう。
もったいぶって得するのはいい女が男をもてあそぶ時くらいです(知らんけど)